クローサー - 前田有一

◆スタイル抜群の女の子がワイヤーワークで華麗にアクション(80点)

 台湾(スー・チー)、中国(ヴィッキー・チャオ)、香港(カレン・モク)の3大スター主演のアクション映画。

 『チャーリーズ・エンジェル』との差別化を計るためか、こちらはシリアス路線で行く。でもストーリーは似たようなもん。だから、見所はやはり美女のアクションという事になる。

この映画の批評を読む »

リベリオン - 前田有一

◆新感覚のガン・アクションが素晴らしい(70点)

 映画業界のかきいれ時であるゴールデン・ウィークをあえて外し、その直前に公開するSF映画という事で、当初はあまり期待せずに観にいった作品。

 ところがどっこい、面白い映画というのは、えてしてそういう時に出会うものである。『リベリオン』は、新しい映像を観たい人には、是非お勧めしたい一本だ。

この映画の批評を読む »

ブラック・ダイヤモンド - 前田有一

◆ジェット・リーに精彩がない凡作(40点)

 日本でも人気のあるアクションスター、ジェット・リーが主演のアクション映画。ストーリーは2の次で、アクションだけを見せるという、典型的ハリウッド作品である。

 ところが、その肝心のアクションが平凡。ジェット・リーは、中国の武術大会のチャンピオンになったこともある『本物』だが、『ブラック・ダイヤモンド』では大したアクションをみせてくれない。

この映画の批評を読む »

アナライズ・ユー - 前田有一

◆前作の二番煎じレベルから脱却できていないパワーダウン続編(40点)

 御存知、演技派ロバート・デ・ニーロと、コメディアンのビリー・クリスタルのオジサン二人が主演のコメディ映画。

 これは、『アナライズ・ミー』という映画の続編で、基本的な設定、脇役たちは全く一緒。いわゆる完全なる続編というやつである。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】