キラー・エリート - 青森 学

暗殺者の棲む非情な世界を克明に描きながらも、愛する者のためにそれに身を投じる男の決意が哀しくもうつくしい。(点数 86点)


(C)2011 Omnilab Media Pty.Ltd.

時代は1980年代。凄腕の殺し屋ダニー(ジェイソン・ステイサム)はオマーンの有力者に拉致されていたかつての仲間であるハンター(ロバート・デ・ニーロ)を救い出すために現地へ飛ぶが、有力者である長老からは彼の3人の息子をSAS(イギリス陸軍特殊部隊)に殺された復讐の代行を迫られる。それも事故死に見せ掛けて殺すのが条件。報酬は600万ドル。ダニーはカネのためにではなくハンターの解放を条件に仕事を請け負うが、ターゲットの背後で暗躍する『フェザー・メン』という組織に所属する刺客のスパイク(クライヴ・オーウェン)が彼の行く手を阻む。

この映画の批評を読む »

ミッシングID - 青森 学

自分探しをテーマにした映画は数多く有るが、それは人にとって自分自身が最大の謎であることの裏返しなのかも知れない。この映画はそんな多くの人が持つ疑問を起動させる。(点数 83点)


(C)2011 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

主人公であるネイサン(テイラー・ロートナー)の生い立ちの謎が後半まで解き明かされないので気になり、集中力を持続させて観ることが出来た。ストーリーを牽引する謎はそれほど不可解なものでもなく、全編を通して見ると腑に落ちる謎ばかりで、置いてけぼりを食らったような居心地の悪さを感じずに済んだ。但し、ストーリーの進行上、映画的なご都合主義的展開が有るのだが、そもそも虚構にもっともらしい結末を用意するためには避けては通れないことなので、多少の粗には目をつむることが出来る。

この映画の批評を読む »

アタック・ザ・ブロック - 青森 学

『遊星からの物体X』と『ゾンビ』を掛け合わせたような作りがB級感を醸し出している。(点数 72点)


(C)StudioCanal S.A./UK Film Council/Channel Four Television Corporation 2011

毎日をカツアゲと大麻の販売で過ごす不良グループのリーダーであるモーゼズ(ジョン・ボガーヤ)は或る夜、最近になって公営団地(ブロックとはこのこと)に引っ越してきた看護師の女性(ジョディ・ウィッテカー)から金品を巻き上げようとしたその時、飛来した隕石が近くのクルマを直撃する。鍵を壊す手間が省けたとばかりに破壊されたクルマの車上荒らしをするモーゼズだが、出てきたのは猿のようだが得体の知れない生き物だった。

この映画の批評を読む »

ザ・マペッツ - 青森 学

わが子のすこやかな成長を願う親御さんにとっては、このような映画を見せて情操豊かな子に育ってほしいところ。(点数 75点)


(C)2011 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

人間とマペットが共存する不思議な世界がこの映画の舞台。
人間のゲイリー(ジェイソン・シーゲル)とマペットのウォルターは兄弟として育った。ウォルターはマペットショーの熱狂的なファンなのだけれど、ゲイリーと結婚間近のメアリー(エイミー・アダムス)と3人でロサンゼルス旅行に行くのだが、楽しみにしていたマペット・スタジオは蜘蛛の巣が覆い寂れ果てていた。マペット・スタジオは債権者の奸計により今や売却の危機に直面していた。ウォルターはかつてマペット・ショーのリーダーだったカエルのカーミットの屋敷を訪れチャリティショーを開催してマペット・スタジオを守ろうと提案するのだが...。

この映画の批評を読む »

バトルシップ - 青森 学

アメリカのジャイアニズムに加担する日本に複雑な気分になったが、あまり深く考えすぎなければ楽しめる作品。(点数 80点)


(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

NASAからの友好的なメッセージに呼応してやってきたエイリアンが好意を踏みにじり世界を襲う戦争アクション。
アクションが中心だが、自衛艦艦長のナガタ(浅野忠信)と、はみ出し者だが、闘いのセンスに光るものを持つ主人公の海軍士官アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)の逆境の中で生まれる友情も描かれている。

【ネタバレ注意】

この映画の批評を読む »

アーティスト - 青森 学

サイレント映画にはトーキーとはまた違った良さがあることに気づかされる一品。(点数 85点)


(C)La Petite Reine – Studio 37 – La Classe Américaine – JD Prod – France 3 Cinéma – Jouror Productions – uFilm

サイレントでモノクロなのだが、それはあくまで表現法としてこの手法を採用しているのであって、旧来のままのサイレント映画では無い。
サイレントの縛りをメタフォリカルするようなシーンもあって、だからトーキーがすばらしいとか、ではサイレントが至高であるとかの議論を超えて、新しい時代の到来を固辞した男のプライドが過不足なく描かれている。

この映画の批評を読む »

ジョン・カーター - 青森 学

ディズニーの抱く理想が主人公の反骨精神に重ねられているように思う。(点数 85点)


(C)Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

火星人自らが住む星を『バルスーム』と呼ぶ火星にひとり迷い込んだ地球人のジョン・カーター(テイラー・キッチュ)が火星人間の対立に巻き込まれ種族を超えた民の力を糾合して真の邪悪な存在と戦っていく姿を描く。

この映画の批評を読む »

ミッドナイト・イン・パリ - 青森 学

絢爛豪華な黄金時代のパリのサロンに迷い込んだ主人公の戸惑いと驚きがユーモラスで、過去の偉人との夢のような邂逅に羨望すら抱かせられる。(点数 80点)


Photo by Roger Arpajou (C) 2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

フィアンセとの結婚にためらいを感じマリッジブルーになっているハリウッドでそこそこの成功を掴んだ脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)が、フィアンセとその家族で訪れたパリで遭遇する”真夏の夜の夢”。文壇・画壇、さまざまな芸術の中心だった”黄金時代”と呼ばれた1920年代のパリに憧れるギルはワインの試飲会の帰りにクラシカルなプジョーに乗った乗客に親し気に声をかけられてついて行くと、そここはまさにギルが憧れていた1920年代のサロンだったというはなし。

この映画の批評を読む »

ソウル・サーファー - 青森 学

サーファーのためだけの映画という訳でもなく、困難に立ち向かったひとりの人間の大きな物語という点で共感できた。(点数 77点)


(C)2011 Enticing Entertainment,LLC,All Rights Reserved.

ハワイでプロのサーファーを目指す13歳の少女がサーフィン中に鮫に左腕を咬まれて瀕死の重傷を負いながらもサーフィンを諦めることなく復帰する実話を基にした作品。
映画を観て思ったのは当然サーフィンをしているシーンが多いのだが、映画が描き出そうしているのは表層的なサーフィンの面白さだけではなさそうだ。もちろんヒロインであるベサニー・ハミルトン(アナソフィア・ロブ)が事故に遭い、片腕を失いつつもサーフィンを諦めない意志の強さや、それを支える家族愛というのもそうだと思う。

この映画の批評を読む »

キリング・ショット - 青森 学

スタイリッシュなクライムムービーを目当てにしている人には期待に沿えると思う(点数 80点)


(C)2011 CATCH44 AP LLC ALL RIGHTS RESERVED.

ギャング同士がラスベガス郊外にある場末のダイナーで三つどもえの抗争をするストーリーなのだが、ターンテーブルでスクラッチをしているような編集・場面構成が面白い。時系列を崩した構成は過去に何作もあるが今作ではそれを多用することで新しい意味を持ち始めている。場面を小出しに見せることで観客の興味を持続させるストーリーテリング。
また、ひききり無しに流れるカントリーやポップスがラジオをザッピングしているような忙しなさがあるが、登場人物の心象風景にマッチするとむしろそれが心地よさを誘う。
そして、寓意を含んだ譬え話など奥行きのある台詞。
そのどれもが既視感を拭えないものであることは認めるが、それを敢えてしてしまうのはそれを超えるだけの面白さが用意されているからだ。

この映画の批評を読む »

ヘルプ 心がつなぐストーリー - 青森 学

人種差別問題を真正面から扱った映画だが、現代でも根強く残る問題であることに気付かさせられる一品。(点数 83点)


(C)2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

ジョン・F・ケネディが大統領に就任していた時代のミシシッピー州の州都が舞台なのだけれど、ミシシッピー州が映画の舞台になると多くの場合、人種差別がテーマになる。失踪した公民権活動家の行方を捜査するうちに根強い人種差別の壁に阻まれる捜査官の葛藤を描いた『ミッシシッピー・バーニング』(1988)、『評決のとき』(1996)も舞台は架空の街ではあったが設定ではミシシッピー州にあった。今作もその法則に漏れず、低賃金で働く”ヘルプ”と呼ばれる黒人のメイドと雇用主である裕福な白人女性との確執のはなし。

この映画の批評を読む »

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - 青森 学

大切な人を喪った者の悲しさが抑制された映像のなかに焼き込まれていた。(点数 88点)


(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

9.11テロで父親を亡くした少年の喪失感から再生までの過程を描いた映画なのだが、生前の父親との遊びを継続することで、最初は父親の気配を感じ取ろうとしていた少年が、父親が残したヒントを手掛かりにさまざまなニューヨークの人たちと出会って悲しみを共有し癒し合い回復していくストーリーになっている。

この映画の批評を読む »

捜査官X - 青森 学

ただのカンフーアクションではない、それを支えるさまざまな演出も捨てがたい。(点数 77点)


(C)2011 We Pictures Ltd. Stellar Mega Films Co., Ltd. All Rights Reserved.

物語は1917年の中国雲南省の小さな村で起きた不可解な殺人事件に端を発する。

大金を目当てに両替商に押し入ったふたり組の男が、強盗の最中に居合わせた村の紙職人のジンシー(ドニー・イェン)ともみ合いになり、結果ふたりの男が頓死したことで疑惑が生まれる。

この映画の批評を読む »

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 - 青森 学

彼女の人生を語るのに上映時間105分は少し短か過ぎたか?!一日乗車券で名所を巡ったようなもったいなさが残る。(点数 83点)


(C)2011 Pathe Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.

誰しもが各々の正義を持っている。11年間イギリスの政界に君臨してきたサッチャー首相も今でこそネオリべの批判を受けているものの保守思想の擁護者として国を良くするべく”自助”を旨として支出を絞り財政の健全化を図ってきた。だが、一方で労働組合を解体し、フォークランド紛争ではその強行な主戦論を展開してアルゼンチンと徹底抗戦し、共産主義に強固な反対の態度を表明してソビエトのメディアには「鉄の女」と言わしめたほど彼女のタカ派ぶりに多くの文化人には根強い反発を買った。

この映画の批評を読む »

戦火の馬 - 青森 学

戦争の理不尽さをしっかりと描写しながらも失わない希望を基軸に置いたストーリーに救われた気持ちになった。(点数 88点)


(C)DreamWorks II Distribution Co.,LLC. All Rights Reserved.

2時間27分の長尺を感じさせない非常に良く作り込まれた作品だった。
イギリスの美しい草原地帯を背景に少年とジョーイと名付けられた仔馬との運命的な出会いから第一次世界大戦が始まり出征、戦渦を生き延び再会を果たすまでの間に、ジョーイがイギリス軍とドイツ軍双方に使役されつつ、そのどちらもが悪とは断じきれない戦争の不条理さをジョーイの視点を通して描かれている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】