マイティ・ソー/ダーク・ワールド - 青森 学

科学と魔法が混在した神話の世界が再び光臨(点数 80点)


(C) 2014 MVLFFLLC. TM & (C) 2014 Marvel. All Rights Reserved.

ロキは北欧神話でもトリックスターとして位置付けられており今作でも敵と味方の間を自在に行き来している。ロキの存在が重要であるからこそ『マイティ・ソー』が北欧神話の継承者として受肉するのである。
ただし勿体ないのが、オーディンの右目が失明しているのは過去の戦争での負傷とされている描写が前作ではあるけれど神話では大いなる知恵を得るための代償として右目を差し出したとされている。
とても深い意味を持つエピソードなので省略してほしくなかったのだが枝葉末節はこだわらないというアメリカンな発想だろうか。だが、オーディンを主役にしたスピンオフを作ると時にはネックになるとは思う。

この映画の批評を読む »

エンダーのゲーム - 青森 学

敵は侵略者なのだから徹底的に排除しなくてはならないというマッチョな思想に一石を投じるアメリカの良心と云えるべき作品(点数 82点)


(C)2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved

この作品では侵攻してきた敵を完膚なきまで破壊する徹底した戦闘部隊を組織する国際艦隊だが、この組織のポリシーは第二次大戦後のアメリカの強硬な外交政策を踏襲している。
宇宙人の来襲によってようやく人類が団結するようになっても過去の教訓をまったく活かさず同じような憎しみを宇宙人に向ける愚かさを映画は指摘しているのだが、その疑問を主人公と一緒に抱きながら観客は最後まで見届けることになる。

この映画の批評を読む »

大脱出 - 青森 学

熱き魂の漢の映画!(点数 89点)


Motion Picture Artwork (c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

今作はシルベスター・スタローン×アーノルド・シュワルツェネッガーの二枚看板が注目されるところなのだが、特筆するべきなのはこのビッグネームに負けぬほどシナリオが凝っているのだ。
自らが犯罪者として刑務所に入所し脱獄することで刑務所の問題を改善するセキュリティコンサルタントをスタローン(レイ・ブレスリン)が演じているのだが、そんな彼が指摘するセキュリティホールを克服した“完璧“な監獄へ彼自身が囚われてしまうというストーリー。

この映画の批評を読む »

キック・アス ジャスティス・フォーエバー - 青森 学

すべては善と悪のせめぎ合い(点数 86点)


(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

自衛する権利と警察権を公権力に委譲する義務。
言い換えれば、保守とリベラルの葛藤があり続ける限りダイナミズムが生まれ、アメリカは若さを喪わない。
この作品も二つの思想の間で揺れ動くが、アメコミヒーロー物への忠誠が如実に窺える本作ではキック・アスの活躍に共感して各地で湧き上がるヒーロー熱を肯定的に描いている。

この映画の批評を読む »

マラヴィータ - 青森 学

組織を売った裏切り者の逃亡生活はこんなにも奇妙でおかしい(?)(点数 78点)


(C)EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION –GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde

その激しいパーソナリティゆえに世間に溶け込もうとしても順応出来ない苦しさをコミカルに描いたファミリームービー。
本作では元マフィアの父親役にロバート・デ・ニーロが扮し、母親にはミシェル・ファイファー、その娘役には大ヒットミュージカルテレビドラマ『Glee』で注目を浴びたディアナ・アグロンが出演している。
また、彼らを監督するFBI捜査官にはトミー・リー・ジョーンズを配して脇を固めている。

この映画の批評を読む »

朝日のあたる家 - 青森 学

原発事故の恐怖を描きつつ、反原発を唱える人たちの心理が俯瞰出来る作品(点数 75点)


(C)「朝日のあたる家」事務局

この映画は山本太郎が出演していることからも分かるように“反原発”色を濃厚に打ち出した作品である。
反原発色濃厚なのは良いが権力の側に立つ者は誰も信じられないという被害者意識も濃厚に残しており陰謀論じみている。

どこかで生み出される疑念に歯止めを掛けないとユダヤ人が世界を影で支配しているとかイルミナティは実在するとか虚実ない交ぜになった情報をコロッと信じてしまう人が居る。
ただ、それをふまえても責任を負う者たちの主張に齟齬があれば正確な情報を発信していないのではないのかと疑うのもしごく当然なのかもしれない。

この映画の批評を読む »

スティーブ・ジョブズ - 青森 学

ジョブズの内面に迫り切れていないのが残念。(点数 70点)


(C)2013 The Jobs Film,LLC.

この映画はジョブズのエピソードの断片で継ぎはぎされたパッチワークのようなものだ。
彼と彼を取り巻く創業者メンバーについて描かれている点が伝記では見られないポイントだった。
ヴォズニアックのジョーク好きであることが描かれているが『アップルを創った怪物』(ダイヤモンド社刊)と併せて読むと彼のユニークな人柄が見えてくる。

この映画の批評を読む »

ランナウェイ/逃亡者 - 青森 学

本当の身分を失ってまで隠さなければならなかった真実に驚愕 (点数 86点)


(C)2012 TCYK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

今作は元過激派で、殺人罪で指名手配されているが現在は別人に成りすまし弁護士として生きる男をロバート・レッドフォードが演じ、クリス・クーパー、サム・エリオット、ニック・ノルティなどいぶし銀の俳優が多く出演しているのも見どころ。
スーザン・サランドンも元過激派役で出演し冒頭に、取調室で新聞記者に語って聞かせる印象的なカットがあるなど見せ場も多い。

当時の活動家達の心情にチューニングすることが出来れば面白さも倍増するだろう。

この映画の批評を読む »

ワールド・ウォーZ - 青森 学

ゾンビ映画とはタカ派が好む映画であると思う。 (点数 80点)


(C)2012 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

“World War”というくらいだから第三次世界大戦のシミュレーションかと思っていたが、ゾンビ映画だっ た。
ゾンビ映画にはあまり詳しくはないのだが、それでも自分の見解を開陳したい。

ゾンビ映画とは本質的には人間不信が主題の映画であると思う。

この映画の批評を読む »

オブリビオン - 青森 学

人類と異星人との虚々実々の戦い (点数 85点)


(C)2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

地球に残されたひとりの男が地上を支配するエイリアンと孤独な戦いを挑むのだが、その対立には大きな秘密があった。

この映画の批評を読む »

グランド・マスター - 青森 学

時代に翻弄されながらもひたむきに武の道を進む武術家の生き様に心を動かされる(点数 85点)


(C)2013 Block 2 Pictures Inc. All rights Reserved.

素朴な疑問なのだが、東北地方出身の宮宝森(ワン・チンシアン)と宮若梅(チャン・ツィイー)親子が話す北京語と葉問(トニー・レオン)の話す広東語(?)がお互いに通じるのは映画だからなのか?
現実ではそんなことはあるのだろうか?やはりこれは演出上の問題であるのだろう。

個人的に好きだった八極拳がストーリーにあまり絡んでおらずそこは残念だった。
八極拳は打撃が主体の拳法で格闘ゲームのバーチャファイターで結城アキラが使う拳法が八極拳だったのが有名だった。

この映画の批評を読む »

ファインド・アウト - 青森 学

全米で多発するミッシング・パーソンの真相についてのひとつの回答なのか。(点数 78点)


(C)2012 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC All Rights Reserved.

アメリカは広い。物語の舞台となるオレゴン州ポートランドは州内最大の都市であり最大の都市公園を擁する。

アメリカでも神隠しという言葉があるのか知らないが、親しい人間がある日忽然と姿を消す怪談じみた逸話はあるらしい。
すくなくとも映画ではこの話題に事欠かない。
誘拐犯はエイリアンだったり、はたまた連続殺人鬼だったりするのだが、広いアメリカのことである。いったん行方不明になってしまったら手掛かりを掴まぬ限り砂漠の中の針を探すがごとく発見はほぼ不可能である。

この映画の批評を読む »

インポッシブル - 青森 学

たしかに胸に迫るものはあるのだけれど、感傷に浸れるほど昔の事ではないように思う。(点数 75点)

ストーリーが2004年のスマトラ島沖地震を下地にしているので津波のシーンが有りそれが生々しく、また凄惨なので途中から比喩的ではなく身体的に頭が痛くなった。
ナオミ・ワッツが演じる気丈な母親が怒濤の波に呑み込まれて負傷するのだが、それにより次第に容体が悪化していくさまが非常にリアルでこちらも気分が悪くなった。
彼女が今作でアカデミー賞にノミネートされたのも頷ける。それだけ迫真の演技だった。

現実に起きたことなのでカメラを通してであっても追体験するのは相当心理的に負荷がかかる。
カメラを通して見ることはもはや客観なのだが、現実に起きた事件をそのように見ることを構造的に強制されることに居心地の悪さを感じることが多々ある。

この映画の批評を読む »

ポゼッション - 青森 学

子を持つ親の気持ちは悪魔の邪心より勝るというお話し(点数 78点)


(C)2012 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

悪魔に取り憑かれ心を壊していく少女の原因を家庭不和が原因と誤解されていくストーリーは面白かった。
二つのエピソードが同時進行して交差するまで固唾を飲んで見守らなくてはならない展開がスリリングだ。
ラストはホラー映画ではお決まりのオチで締めくくっているが、この様式美と言っても過言ではない終わり方は、邪悪な存在は日常にはびこっているという人間の強迫観念に近いものがある。
しかしながら悪魔の存在の意味を解体していくと人間の悪魔性に目を背けてその罪を人間では無い他者に負わせているだけにすぎない。
そのことについては後述するが時代が下るのにつれてその事実に多くの人が気づき始め悪魔の存在のリアリティが希薄になってきているように思われる。

この映画の批評を読む »

ライジング・ドラゴン - 青森 学

中国国内に向けた映画なのでジャッキー・チェンが好き、でも日本がもっと好きという人には映画の毒饅頭といえそう(点数 80点)

ジャッキー・チェン最後のアクション大作とのことだが、有終の美を飾るにはドメスティックな国内向けの映画になった。
ジャッキーの初期の出演映画はハンディキャップに打ち克つ万人の共感を得るような作品が多かったのに、やはり泣く子とマーケッティングには勝てないのか。
すっかり世相を反映する作品に仕上がってしまっている。
海賊が日本語を話して苦笑したが、お約束のNG集でジャッキーが海賊を演じた俳優とハグしてジャッキーの苦しい胸中を告白しているようだった。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】