クリード チャンプを継ぐ男 - 小泉浩子

『スターウォーズ』もいいけど、『ロッキー』もねっ!(点数 100点) 


(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

「クリード」という単語を聞いて、ドキドキしなければ、ロッキーファンとはいえないでしょう。

そう、ロッキーの好敵手で親友のアポロの名字なのですから。

二人の友情、そして別れに涙した方も多いハズ。

この映画の批評を読む »

OK Darling - 小泉浩子

インド発の青春映画。もちろん歌も!(点数 95点) 


(C)Madras Talkies

10月22日から、31日まで開催された『第28回東京国際映画祭』。
たくさんの映画が楽しめる祭典でした。

本作は『ボンベイ』の巨匠・マニラトナムの新作で、『ワールド・フォーカス』に出品された青春映画。

この映画の批評を読む »

シネマの天使 - 小泉浩子

映画館が主役(点数 95点) 


(C)2015 シネマの天使製作委員会

実際に閉館していく映画館をフィルムに残したいという強い意志からうまれた作品です。

本作の撮影舞台は、広島県福山市にあった日本最古の映画館「シネフク大黒座」。なんと! 122年続いた映画館なんです。

営業風景から、壊されていくところまで、すべてが描かれ、ラストでは、涙がとまりませんでした。

この映画の批評を読む »

ドローン・オブ・ウォー - 小泉浩子

『ガタカ』の名コンビ、再びっ! 『ドローン・オブ・ウォー』(点数 90点) 


(C)2014 CLEAR SKIES NEVADA, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

「ドローン」という単語を耳にする機会が多くなりました。
でも、そもそも「ドローン」ってなんなのでしょうか? 
実は、「無線操作によって飛行する無人機」のことなんです。

災害発生地での現状調査や荷物の配送、個人の趣味から商業レベルでの動画撮影などさまざまな用途が想定され、これから莫大な経済効果が見込まれているのだとか。

でも、こんな風に使われているなんて、知りませんでした。
 

この映画の批評を読む »

レッドカーペット - 小泉浩子

やっぱり夢を追いかけたくなる!(点数 85点) 


(C)2014 Noori Pictures, All Rights Reserved

夢は叶えるためにあります。

基本は、そう信じたいのだけれど、ちょっと疑ってしまうのが大人というもの。
完全には、疑いたくないかも。
そんな方にオススメの作品です。

この映画の批評を読む »

ふたつの名前を持つ少年 - 小泉浩子

もうひとつの『アンネの日記』を知っていますか?(点数 90点) 


(C)2013 Bittersuess Pictures

2001年に実話を元にした小説がイスラエルで発表され、世界中に波紋を投げかけました。
2年後に、日本でも『走れ、走って逃げろ』のタイトルで出版されましたが、そこには信じられない事実が書かれていました。

第ニ次世界大戦中に、わずか8歳のユダヤ人少年が名前をいつわり、ポーランド人孤児として終戦までの3年間を生き抜いたというのです。

この映画の批評を読む »

ベルファスト71 - 小泉浩子

人ごとではないサバイバル・スリラーに心が凍る?(点数 90点) 


(C)CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION/BRITISH FILM INSTITUTE/SCREEN YORKSHIRE LIMITED AND RUN 71

政治的思想も戦う意義も持たない、若き英国軍兵士。
そんな彼が、敵地にひとり取り残されてしまったら?

「血の日曜日事件」(1972年1月30日)発生前夜の1971年。

英国軍の新兵・ゲイリー(ジャック・オコンネル)は、紛争が激化している北アイルランドのベルファストに、赴任します。

北アイルランド成立以来、半世紀に及ぶプロテスタント系住民とカトリック系住民との衝突はいよいよ激しさを増し、町は、複雑に絡み合う活動家たちの思惑が交差していました。

ゲイリーは、パトロールの最中に争いに巻き込まれ、敵対派の少年に銃を盗まれます。
群集の中に逃げ込んだ少年を追いますが、自分が敵のテリトリーにたったひとりで入り込んでしまっていることに気づいて……。

この映画の批評を読む »

ボヴァリー夫人とパン屋 - 小泉浩子

男の妄想がパンと一緒に発酵しちゃう?(点数 85点)    


(C)2014 – Albertine Productions – Cine – @ – Gaumont – Cinefrance 1888 – France 2 Cinema – British Film Institute

想像力は大切です。
人の気持ちをおもんぱかったり、自分の行動が、周囲にどう受け入れられるのかを考えたり、生きていく上で、かなり役に立ちます。

だけど、度が過ぎた想像力は、ちょっと迷惑かもしれません。
そう、さらにそれが妄想になってしまった場合は……。

この映画の批評を読む »

アリスのままで - 小泉浩子

ジュリアン・ムーアの演技に涙!(点数 95点) 


(C)2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

すべての幸せを手に入れたはずだったのに、どんどん大切なものを失ってしまう。
そうなったら、どう行動するのか? 問いただされているような作品です。

この映画の批評を読む »

百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~ - 小泉浩子

鉄火肌で粋なお栄に杏が命を吹き込む!(点数 95点)


(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

 
浮世絵師・葛飾北斎の名は、美術に疎い私でも知っていますが、彼の娘・お栄も、浮世絵師だったというのは恥ずかしながら、知りませんでした。

浮世絵師・お栄(声:杏)は、23才。父であり、絵の師匠でもある葛飾北斎(声:松重豊)と絵を描いて暮らしています。

掃除もしない、炊事もしない、ゴミも捨てない。住めなくなったら引っ越せばいいという雑然とした家は、まるで合宿所です。

この映画の批評を読む »

忘れないと誓ったぼくがいた - 小泉浩子

忘れられてしまうせつなさに号泣っ!(点数 85点)


(C)2006平山瑞穂/新潮社 (C)2015「忘れないと誓ったぼくがいた」製作委員会

大切な人を忘れてしまう映画作品は、多いです。
妻が夫を忘れてしまう『私の頭の中の消しゴム』や、夫が妻を忘れてしまう『明日の記憶』。

愛する人たちを忘れてしまうことほど、つらいことはないと思っていました。
だけど、自分が忘れさられてしまうことがこんなにつらくて恐ろしいことだとは、考えてもみませんでした。

この映画の批評を読む »

カフェ・ド・フロール - 小泉浩子

ジョニデの元妻・ヴァネッサの演技に涙っ!(点数 90点)


(C)2011 Productions Cafe de Flore inc. / Monkey Pack Films

タイトルを見て、カフェでのお話だと思っていました。カフェで出会うカップルの甘い恋物語かしら? それとも、波瀾万丈の群像劇?

ええっと、どれも違っていました。

これは、マシュー・ハーバートの名曲のタイトルでヴァレ監督のお気に入りだとか。

この曲が、ふたつの異なる時代と場所の登場人物たちを結びつけています。

この映画の批評を読む »

リトル・フォレスト 冬/春 - 小泉浩子

自然の恵みに食欲全開!? 橋本愛から目が離せないっ!(点数 95点)


(C) リトル・フォレスト製作委員会

橋本愛がとにかく食べます。

食べて、食べて、食べまくります。

もちろん大食いの話ではありませんよ。

都会に出たけれど、自分の居場所を見つけられずに、東北地方のとある村・小森に戻ってきたいち子(橋本愛)。

ここでの暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山でとれた季節のものを材料にして食事を作り、毎日を過ごしています。

自然に囲まれた生活の中で、いち子の傷ついた心は少しずつ、癒やされていきます。
ところが、五年前に家出した母(桐島かれん)から、手紙が来て……。

この映画の批評を読む »

スパイ・レジェンド - 小泉浩子

ピアース・ブロスナンのキレキレのアクションにクラクラ?  (点数 90点)


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

しみじみ考えるに、スパイ映画って多いですよね。
ボンドシリーズをはじめとして、ジェイソン・ボーンにジャック・ライアン。

そんなドキドキのスパイアクションが、また一つ誕生しちゃいました。

かつて伝説と評されていた元CIAエージェントのデヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、引退し、スイスで静かに暮らしていました。

かつての同僚たちが次々と殺されていることを知り、助けに向かいますが、同僚であり愛していた女性を目前で殺されてしまいます。

しかも、その犯人は、彼が自ら育てあげた現役最強のスパイ・メイソン(ルーク・ブレイシー)で……。

この映画の批評を読む »

100歳の華麗なる冒険語 - 小泉浩子

こんな100歳に会ってみたい!(点数 90点)  


(C)NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

あなたは、100歳のお誕生日を迎えました。

「おめでとう!」。

大きな誕生日ケーキが登場します。

でも、その上に、100本のろうそくが乱立していたら、どんな気持ちになるでしょうか?

老人ホームに入所しているアラン(ロバート・グスタフソン)は、100歳の誕生パーティ当日、「お祝いなんて冗談じゃないっ」とホームから抜け出してしまいます。

職員たちはケーキに100本のろうそくを立てようと苦労しているので、簡単に脱走できてしまったのです。

ちょっとした偶然から、大金の入ったスーツケースを取ったため、ギャングや警察から追われる身となってしまいますが……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (31)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.