ホーリー・スモーク - 前田有一

◆ケイト・ウィンスレット大暴走(20点)

 イカレタ宗教にはまった娘を取り戻そうとする洗脳解除の専門家が、逆に娘と恋に落ちるという話。主演はあの、ケイト・横綱・ウィンスレットである。

この映画の批評を読む »

灰の記憶 - 前田有一

◆救いようがなさすぎる話なので、芸術面を誉めて逃げたくなる(20点)

 4ヶ月の延命と引き換えに、同胞をガス室送りにする作業に従事したユダヤ人 ”ゾンダー・コマンド” の物語。

この映画の批評を読む »

ギャングスター・ナンバー1 - 前田有一

◆ファッションなどのディテールを楽しむ映画(30点)

 老境に入ったギャングが、自分の半生を振り返る回想ドラマ。若き日のギャングスターが、クールなボスにあこがれ、悪の道をのし上がって行く様子が描かれる。その前半はやや退屈で新味や意外性が無い分、あまり面白くない。

この映画の批評を読む »

発禁本 - 前田有一

◆宣伝会社によるネタバレが痛い(30点)

 サディズムの語源ともなった、マルキ・ド・サドの半生を描いたドラマ。彼と、この時代に興味がある人向けである。

この映画の批評を読む »

夢 追いかけて - 前田有一

◆素材はいいが、調理が下手(20点)

 日本でただ一人の全盲の熱血教師、河合純一の愛と勇気を描く感動ドラマ。本人が本人役で主演するという、珍しい作品。

この映画の批評を読む »

魔界転生 - 前田有一

◆演技、シナリオ、アクション、全部ダメ(20点)

 窪塚洋介と佐藤浩市主演の時代劇SF。『バトルロワイヤル』の深作欣二監督が前に作った同名作品のリメイクになる。

この映画の批評を読む »

ムーン・チャイルド MOON CHILD - 前田有一

◆GacktとHYDEファン以外が観る理由は無い(15点)

 ジャパンポップ界のアイドルGacktとHYDEが主演のSF映画。ガクトは、脚本などにも相当アイデアを出したという。

この映画の批評を読む »

プレイガール - 前田有一

◆見所は動くサトエリの開脚!それがすべてだ(15点)

 佐藤江梨子をはじめとしたグラビアアイドル出演で送る、かつてのテレビシリーズの劇場版リメイク。ほとんどVシネマなみの安っぽさで、テキトーなストーリーと低予算バレバレのセット、見ていて笑いが止まらないほど下手っぴな演技が味わえる。

この映画の批評を読む »

ミレニアム・マンボ - 前田有一

◆台湾社会の現代を描くというが、説得力がない(25点)

 カンヌ国際映画祭の高等技術院賞を受賞した、現代の台湾を描く6つの物語の序章として企画された作品。

この映画の批評を読む »

黄龍 イエロードラゴン - 前田有一

◆最初のアクションシーンはいい、あとはおバカ映画(20点)

 上映期間3週間を目指す(……。)という、倉田保昭主演のカンフー映画。倉田保昭という俳優は、日本ではGメン75で知られ、香港その他のアジアでは和製ドラゴンとして知られるアクションスターである。最近ではスーチー主演の『クローサー』にも、クライマックスの敵役で出ていた。

この映画の批評を読む »

エーミールと探偵たち 日本語吹き替え版 - 前田有一

◆日本語版の出来の悪さを何とかしてほしい(30点)

 シネコンで、聴覚障害者と健常者が同時に鑑賞出来るという、日本発のバリアフリー上映が行われると話題の映画。原作は、ドイツの超有名な古典。この作者はミステリも書いていて、一部に根強いファンがいる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】