さよなら、人類 - 中野 豊

忘れたころにやってきた、奇才ロイ・アンダーソン監督の最高作にして芸術品 (点数 90点)


(C)Roy Andersson Filmproduktion AB

スウェーデンの奇才ロイ・アンダーソン監督が『散歩する惑星』『愛おしき隣人』に続く「リビング・トリロジー」3部作の最終章として4年の歳月をかけて完成させた作品。前作の『愛おしき隣人』が2007年作品だったので7年も待たされたわけです。

また本作は2014年 第71回ベネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した不条理ARTコメディなのです。

この映画の批評を読む »

ボヴァリー夫人とパン屋 - 小泉浩子

男の妄想がパンと一緒に発酵しちゃう?(点数 85点)    


(C)2014 – Albertine Productions – Cine – @ – Gaumont – Cinefrance 1888 – France 2 Cinema – British Film Institute

想像力は大切です。
人の気持ちをおもんぱかったり、自分の行動が、周囲にどう受け入れられるのかを考えたり、生きていく上で、かなり役に立ちます。

だけど、度が過ぎた想像力は、ちょっと迷惑かもしれません。
そう、さらにそれが妄想になってしまった場合は……。

この映画の批評を読む »

ジュラシック・ワールド - 青森 学

野生動物と人間の共存は難しいが、しかし、全く不可能とは言い切れ無い可能性の描きかたが秀逸(点数 88点)


(C)Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

人間の尊大さを諌め、人間もまた地球の一員であることを再確認するのが、ジュラシック・ワールド創業者の理念。
その崇高な目的とは裏腹に経営の恒常的な成長のためなら手段を選ばない幹部も居る。
創業者の理念が時を追うごとに形骸化していくのは何処でもありがちなのだが、映画では中興の祖のようなキャラクタがあまり登場してこないのは少し不思議ではある。
パニックムービーとしてはオーソドックスな作りではあるのだが、主人公の感情の動きを演出で伝える製作者の手腕は良い。

この映画の批評を読む »

アリスのままで - 小泉浩子

ジュリアン・ムーアの演技に涙!(点数 95点) 


(C)2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

すべての幸せを手に入れたはずだったのに、どんどん大切なものを失ってしまう。
そうなったら、どう行動するのか? 問いただされているような作品です。

この映画の批評を読む »

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン - 青森 学

正義とは何か、常に本質を問う会話がスリリング(点数 96点)

ウルトロンがアベンジャーズに投げかける問いは常に正義の本質を問うたもの。
ウルトロンが人類を超越した知性であると同時に人間の矛盾を背負っている。
その矛盾に対し破滅によって精算しようとするウルトロンと彼の暴走を阻止しようとするアベンジャーズが人間の二面性を担うコインの裏表なのだ。彼らが発する問いは人間の葛藤そのものを言い表している。
だから観る者の心に響く。

この映画の批評を読む »

アリスのままで - 中野 豊

ジュリアン・ムーアの名演で一層胸に迫る、若年性アルツハイマー病患者の主観映画 (点数 85点)


(C)2014 BSM Studio. All Rights Reserved.

ジュリアン・ムーアは、本作でアカデミー賞の主演女優賞を受賞。
過去にヴェネチア国際映画祭『エデンより彼方に』(2002)、ベルリン国際映画祭『めぐりあう時間たち』(2003)、カンヌ国際映画祭『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(2014)で世界三大映画祭での主演女優賞制覇は女優史上初の快挙です。

この映画の批評を読む »

ブラックハット - 青森 学

“ハッカー”という一般的に映画向きではない職業を分かりやすいソーシャルエンジニアリングの技法にプロットした潔さを評価したい。(点数 83点)


(C)Universal Pictures

『スティング』(1974年公開)で最後の大掛かりな騙しのテクニックは”ワイヤード”という手口だった。
コンゲームにはターゲットの意表を突いて出し抜く面白さがあり、それがカタルシスを生む。

この映画の批評を読む »

百日紅(さるすべり)~Miss HOKUSAI~ - 小泉浩子

鉄火肌で粋なお栄に杏が命を吹き込む!(点数 95点)


(C)2014-2015 杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会

 
浮世絵師・葛飾北斎の名は、美術に疎い私でも知っていますが、彼の娘・お栄も、浮世絵師だったというのは恥ずかしながら、知りませんでした。

浮世絵師・お栄(声:杏)は、23才。父であり、絵の師匠でもある葛飾北斎(声:松重豊)と絵を描いて暮らしています。

掃除もしない、炊事もしない、ゴミも捨てない。住めなくなったら引っ越せばいいという雑然とした家は、まるで合宿所です。

この映画の批評を読む »

駆込み女と駆出し男 - 青森 学

離婚のコストがいかに高く付くのか東慶寺に暮らす女性たちを見て窺える(点数 88点)


(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会

巷ではもっとも高くつく買いものが「離婚」であると言う人もいる。

それでも離縁を求めて東慶寺に駆け込む女性も少なからず居た。

人生最大の難題である「離婚」をテーマにした映画は幾多もあるが、江戸時代に人権が特に制限されていた女性を救済する東慶寺等の縁切り寺を舞台にした作品とあらば興味を抱く人も少なくないだろう。

この映画の批評を読む »

忘れないと誓ったぼくがいた - 小泉浩子

忘れられてしまうせつなさに号泣っ!(点数 85点)


(C)2006平山瑞穂/新潮社 (C)2015「忘れないと誓ったぼくがいた」製作委員会

大切な人を忘れてしまう映画作品は、多いです。
妻が夫を忘れてしまう『私の頭の中の消しゴム』や、夫が妻を忘れてしまう『明日の記憶』。

愛する人たちを忘れてしまうことほど、つらいことはないと思っていました。
だけど、自分が忘れさられてしまうことがこんなにつらくて恐ろしいことだとは、考えてもみませんでした。

この映画の批評を読む »

ラスト5イヤーズ - 青森 学

アメリカのミュージカルは日本にとっての敷島の道 (点数 83点)


(C)THE LAST FIVE YEARS THE MOTION PICTURE LLC

恋愛と歌は相性が良い。この作品はあるカップルの出会いと別れをふたつの時間軸を使って物語が構成されている。
登場人物は基本的に主人公のキャシー(アナ・ケンドリック)とジェイミー(ジェレミー・ジョーダン)の2人のみ。

彼らの想い出の断片が接ぎ合わされてひとつのパッチワークが完成する。

この映画の批評を読む »

カフェ・ド・フロール - 小泉浩子

ジョニデの元妻・ヴァネッサの演技に涙っ!(点数 90点)


(C)2011 Productions Cafe de Flore inc. / Monkey Pack Films

タイトルを見て、カフェでのお話だと思っていました。カフェで出会うカップルの甘い恋物語かしら? それとも、波瀾万丈の群像劇?

ええっと、どれも違っていました。

これは、マシュー・ハーバートの名曲のタイトルでヴァレ監督のお気に入りだとか。

この曲が、ふたつの異なる時代と場所の登場人物たちを結びつけています。

この映画の批評を読む »

リトル・フォレスト 冬/春 - 小泉浩子

自然の恵みに食欲全開!? 橋本愛から目が離せないっ!(点数 95点)


(C) リトル・フォレスト製作委員会

橋本愛がとにかく食べます。

食べて、食べて、食べまくります。

もちろん大食いの話ではありませんよ。

都会に出たけれど、自分の居場所を見つけられずに、東北地方のとある村・小森に戻ってきたいち子(橋本愛)。

ここでの暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山でとれた季節のものを材料にして食事を作り、毎日を過ごしています。

自然に囲まれた生活の中で、いち子の傷ついた心は少しずつ、癒やされていきます。
ところが、五年前に家出した母(桐島かれん)から、手紙が来て……。

この映画の批評を読む »

イントゥ・ザ・ウッズ - 青森 学

アメリカで強迫的に信じられる自己啓発(Self Development)が根底にある話し(点数 82点)


(C)2015 Disney Enterprises, INC. All Rights Reserved.

宣伝では“Happily ever after”のその後の話ということでパブリシティ活動を行ってはいるが、この作品はおとぎ話を語っているようで、しっかり現代アメリカの神話をブレンドしている。

この映画の批評を読む »

博士と彼女のセオリー - 青森 学

ホーキング博士を支える人達にも光を当てた作品。(点数 82点)


(C)UNIVERSAL PICTURES

おしどり夫婦の話しかと思いきや、どうもそういう話だけでも無い。

神を信じる者が神を否定しようとする者を支えるというジレンマが緊張感を生み、ドラマが生まれている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】