JUNO/ジュノ - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆16歳で妊娠した女の子はどんな行動をとるか?(90点)
癒されたい2009

 『JUNO/ジュノ』はアメリカの映画業界にとって、間違いなく年度を代表する作品のひとつである。

この映画の批評を読む »

テラビシアにかける橋 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆ダコタ・ファニングのライバル女優の魅力大爆発(70点)
癒されたい2009

 『テラビシアにかける橋』は、VFXをたくさん使ったまるで『ナルニア国物語』のごときファンタジックな映画だが、根底には比較にならないほどシリアスな何か、言ってみれば"死"の空気が流れている。

この映画の批評を読む »

プルミエール 私たちの出産 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆出産とはかくも感動的なのか(85点)
癒されたい2009

 『プルミエール 私たちの出産』は出産ドキュメンタリーだが、撮影しているのはフランスのイケメン監督である。

この映画の批評を読む »

うた魂(たま)♪ - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆女子高生とヤンキー合唱部の対決(80点)
癒されたい2009

 『うた魂(たま)♪』を見ていると、映画なんてものは普遍性を追求するばかりが能ではないとつくづく感じる。ときには時代を切り取るような、フレッシュだが賞味期限の短いものが何より心に届く事もある。

この映画の批評を読む »

ヘアスプレー - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆近年最高のミュージカルムービー(90点)
癒されたい2009

 入場者全員にサントラCDを配るわ、試写会招待状は派手にばらまくわと、宣伝GAGAの異様なまでの太っ腹ぶりが目立った本作。東京を見下ろす、映画会社中ナンバーワンの瀟洒な試写室に招待された一般のお客さんも多かろう。公開までに見たいヤツは全員みちまうんじゃないかと思うほどの勢いは、しかしそれだけ作品の出来(今回はサントラのそれも)に自信があるということだ。一般に、期待はずれの作品の試写は少なく(知名度がある場合はいっそ行わず)、知名度はないがいい作品の場合は多くの人に見せたくなるものだ。

この映画の批評を読む »

ルイスと未来泥棒 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆ピクサーパワーを得て蘇ったディズニーアニメ(80点)
癒されたい2009

 現在アメリカ映画界の巨人ディズニーは、『トイ・ストーリー』シリーズや『ファインディング・ニモ』の制作で知られる3DCGアニメ界の雄ピクサーを子会社として取り込み、大きく変化している最中だ。そんな中、日本公開される『ルイスと未来泥棒』は、ピクサー社の設立メンバーで代名詞的存在である映画監督ジョン・ラセターを製作総指揮に迎えた、初めての(ピクサーではなく)ディズニーアニメーション作品となる。

この映画の批評を読む »

レミーのおいしいレストラン - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆もっとも重視する"物語"を、圧倒的な技術力で支えるピクサーらしい作品(85点)
癒されたい2009

 ディズニーの完全子会社となったピクサー・アニメーション・スタジオ最新作『レミーのおいしいレストラン』の主人公レミーはネズミであり、あろうことか親会社のメインキャラクター、ミッキーマウスと完全にかぶっている。

この映画の批評を読む »

アズールとアスマール - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆ドロドロした社会問題を、最高に美しい子供向けアニメに仕上げた恐るべき映画(95点)
癒されたい2009

 全国公開される大作や、単館系の話題作をちょくちょく見ている、といった程度の映画好きの人に「オススメ教えて」といわれると、私は98年製作のフランスのアニメーション『キリクと魔女』あたりを教えることにしている。そして、たいていの相手から好評を得ている。

この映画の批評を読む »

世界最速のインディアン - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆骨董品のごときバイクで無謀な記録に挑戦したオヤジの物語(80点)
癒されたい2009

 最近、実話の映画化が多いような気がするがコレもそのひとつ。バイクいじり暦ウン十年、三度のメシよりバイクが好き。近所から変人扱いされているそんな爺ちゃんが、あろう事か世界最高峰のスピードレースに挑戦するという話。映画はロードムービー風味の、心温まるさわやかな感動ドラマになっている。

この映画の批評を読む »

マダガスカル2 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆アメリカ人のしぶとさを感じさせるアニメーション作品(95点)
癒されたい2009

 ベン・スティラーやクリス・ロック、そしてジェイダ・ピンケット=スミス母子(ウィル・スミスとの娘ウィロウ・スミス)など、豪華な声優陣をそろえた話題性で引っ張り、米市場で『マダガスカル2』は記録的なヒットとなった。ところがじっさい見てみると、これが単に宣伝や話題性だけで売れたのではないことがはっきりとわかる。『マダガスカル2』は、前作はもちろん、近年のアニメーション作品の中でも群を抜く傑作である。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (16)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.