真夜中のゆりかご - 映画批評なら映画ジャッジ!

母性とは何かを問いかける北欧サスペンス!(点数 90点) 

敏腕刑事のアンドレアス(ニコライ・コスター=ワルドー)は、美しい妻・アナ(マリア・ボネヴィー)と乳児の息子の三人で湖畔の瀟洒な家に暮らしていました。

そんなある日、薬物依存の男女の衝撃的な育児放棄の現場に遭遇し、自分の幸せをかみしめます。

ところが、ある悲劇により、正しい刑事でよき父だったはずのアンドレアスは、犯罪に手を染めてしまいます。

正義とは何なのか? 善と悪の危うい境界線に身震いしてしまいます。

この映画の批評を読む »

ハリウッド監督学入門 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆メモ片手にみたい、映画業界裏話(70点)
勉強したい2009

 ハリウッドと日本の映画作りにおける違いに興味がある人にとって、『ハリウッド監督学入門』はとても楽しいドキュメンタリーとなるだろう。

この映画の批評を読む »

食の未来 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆食の安全性を徹底追求したドキュメンタリー(70点)
勉強したい2009

 賞味期限や産地の偽装が一段落したと思ったら、テラ豚丼やらケンタッキーフライドゴキブリといった問題が持ち上がっている。どちらもKYなアルバイト店員の悪ふざけが、ミクシーやニコニコ動画といった巨大サイトを通じてネット上で広まったニュースだ。日本のフード業界は、もはや最上位の料亭から最底辺のファストフードまで、腐敗しきってしまったのか。

この映画の批評を読む »

受験のシンデレラ - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆本格受験指南ムービー(70点)
勉強したい2009

 『受験のシンデレラ』は、異業種監督が最初に作るべき映画の見本のような作品である。

この映画の批評を読む »

シッコ - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆今度は世の中を変えられるか?(96点)
勉強したい2009

 マイケル・ムーア監督の最新ドキュメンタリー「シッコ」は、期待を上回る物凄い映画であった。

この映画の批評を読む »

それでもボクはやってない - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆すべての男が見るべき大傑作(98点)
勉強したい2009

 2006年の総評でもちらと触れたが、昨年私が見た数百本の映画の中で、もっとも面白かった映画がこれである。痴漢冤罪という、誰にでも実感できる切り口で日本の刑事裁判の抱える問題点を描いた社会派映画。しかしながら堅苦しさはゼロで、娯楽度満点。先が気になる度がきわめて高いストーリーと、へぇ連発のディテール。どこをとっても完璧に限りなく近い、まさしく年度を代表する傑作といえる。

この映画の批評を読む »

ハッピーフライト - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆全日空全面協力の、かつてない飛行機映画(90点)
勉強したい2009

 『ウォーターボーイズ』(2001)、『スウィングガールズ』(2004)と続けてヒットを飛ばした矢口史靖監督は、この最新作では飛行機を飛ばすことになった。取材の過程でマニア級の飛行機好きになった監督としては、前二作とは趣の相当異なる、そして邦画には珍しい「一般ウケするオタク映画」を作り上げた。

この映画の批評を読む »

ファーストフード・ネイション - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆ダイエットに最適な映画(80点)
勉強したい2009

 ハンバーガーやフライドポテトが大好きなお子さん、もしくはメタボ気味の旦那様をもつ奥さんは、迷わずこの映画に連れて行くとよい。これを見終わってもまだ食べたいというならば、それはもはや病気だ。

この映画の批評を読む »

ブラッド・ダイヤモンド - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆世界史最上級のタブーに切り込んだ勇気ある一本(85点)
勉強したい2009

 ダイヤモンドという宝石は希少で高価かつ透明に輝くピュアなイメージで、世界中の女性の憧れとされてきた。しかしその一方、採掘現場では奴隷同然の過酷な労働がまかり通っていたり、一部はテロリストたちの資金源でもあるという闇の部分も厳然と存在する。ダイヤモンドの原産地のほとんどで内戦など武力紛争が起きているのは、もちろん偶然ではない。

この映画の批評を読む »

パラダイス・ナウ - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆テロリスト最後の一日(70点)
勉強したい2009

 『パラダイス・ナウ』は、私たちがいわゆるテロリストと呼んでいる存在、とくに自爆テロを行う人間が、最後の一日をどう過ごすかを詳細に描いた異色のドラマだ。

この映画の批評を読む »

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆トム・ハンクスの新作は、世界を変えたエロ代議士のお話(70点)
勉強したい2009

 "事実は小説より奇なり"というが、こと政治テーマにおいてはその"小説より奇なる事実"さえ、疑ってかかる必要がある。

この映画の批評を読む »

スター・トレック - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆数ある映画版の中でも屈指の傑作(85点)
スカッとしたい2009

 オバマ大統領の登場を機に、ハリウッド映画はネクラからネアカへと変化している。米国民のニーズがそうなっている、あるいは業界がそうした流行を作ろうとしているため、明るい企画が通りやすくなっているわけだが、中でも『スター・トレック』最新作はその典型例というべきエンタテイメント作品だ。

この映画の批評を読む »

ゲット スマート - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆80億円以上の予算をかけたコメディ(95点)
スカッとしたい2009

 アメリカではコメディジャンルが人気があると、ここでは何度も書いている。人気があるということは、そのぶん金をかけられるということ。だからあの国では、『ゲット スマート』のようなお笑い映画一本に、なんと80億円以上もつぎ込むという無茶な現象がよく見受けられる。

この映画の批評を読む »

ダイ・ハード4.0 - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆CGの進化によるアクションシーンの迫力の違いが歴然(90点)
スカッとしたい2009

 30代くらいの人に聞くと、ダイハード第一作目こそアクション映画の最高傑作と推す人が多い。ブルース・ウィリスの出世作となったあの88年の傑作には、確かに文句の付け所がない。今見たら私も100点を献上するだろう。

この映画の批評を読む »

バンテージ・ポイント - 映画批評なら映画ジャッジ!

◆凝った構成と完璧な脚本の政治サスペンス(95点)
スカッとしたい2009

 冒頭、いきなりアメリカ大統領がスペインの大群衆の前で狙撃される。ほぼ同時に大爆発も起こり、集まった人々はパニックに。全力ダッシュで始まり、ペースを落とすことなくそのまま90分間駆け抜ける、大興奮サスペンスアクションの登場だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (8)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.