A SINGLE MAN - 岡本太陽

◆ファッション界のカリスマ:トム・フォードが映画監督に!(65点)

 2009年のヴェネチア国際映画祭でプレミア上映された『A SINGLE MAN』。過去にグッチやイヴ・サン=ローランのデザイナーを務め、自らのブランドをも立ち上げたトム・フォードが初めて監督した映画だ。「ファッションデザイナーが映画監督に挑戦」、という文句だけでも意見が賛否真っ二つに分かれてしまいそうだが、クリストファー・イシャーウッドの同名小説を基にデヴィッド・シェアースと共同で脚色を手掛け、スター級の俳優陣を集めたフォード氏は本作で世の普遍性を謳う。

 物語の舞台は1962年のロサンゼルス。52歳のイギリス人大学教授ジョージ・ファルコナー(コリン・ファース)は16年間連れ添った年下の恋人ジム(マシュー・グード)が交通事故で亡くなってしまった事を、事故の翌日に電話で知らされる。葬儀出席までもジムの家族に拒否され、孤独で失意に暮れる彼は、長年の友人であり、ジョージに想いを寄せ続けるアルコール中毒のチャーリー(ジュリアン・ムーア)の元に半狂乱で駆け込む。

 チャーリーという女性は基本的に自分本位。ジョージが落ち込んでいる時でさえも独り身の彼女自身の孤独を満たしたいのだ。どうして彼はそんな彼女と仲良くする必要があるのか。機知に富んだ会話が魅力のチャーリー。ジュリアン・ムーアが彼女を演じるとセクシーでまた可愛らしく映ってしまう。またどんなに馬鹿げた事を言ったとしても悪気の無い素直な女性だからこそジョージは時に彼女に居心地の良さを感じてしまうのだろう。

 ジムのいない未来はただの孤独でしかない…。抵抗し難いスペイン人の美男子カルロス(ジョン・コルタジャレナ)の誘惑すら気にならない程、心が崩壊しきっているジョージは自らの命を絶とうと計画する。しかし、ジョージに興味を抱く大学の教え子ケニー(ニコラス・ホルト)に付きまとわれ、彼と関わっていくうちに…。

 60年代初頭、それはまだ同性愛が世間的に認められていなかったとき。これはまさに、『ブロークバック・マウンテン』と同じ時期にあたる。ところが同性を愛してしまったが故の悲劇を扱ったアン・リー監督作とは異なり、『A SINGLE MAN』では、同性愛者である事の苦悩はほとんど描かれない。ジョージは自身のアイデンティティに関してオープンであるし、映画の中では特に同性愛者差別に関する問題提起はしない。本作は最愛の人を失ったジョージ・ファルコナーの1日の物語。そして生きる意味を見出そうとする彼の姿を通して、あくまでも純粋な人間性を映し出す。

 ジョージとジムの出会いは自然だった。それはまるで運命であるかの様に。ジョージの1日と交互にわたしたちは彼がジムと過ごした日々をフラッシュバックとして見る。彼らは2匹の犬を飼い、家庭と呼べる場所があった。ジョージが起きれば、家のどこかにかならずジムがいて、ジョージはカフカの「変身」を、ジムはカポーティの「ティファニーで朝食を」をソファの上で読んでいると、お互いに読んでいるものに対してジョークを言い合う。そんな小さな何気ない愛のある風景。映像としては登場しないが、彼らの関係の性的さも彼らの会話や仕草から感じ取る事が出来るだろう。

 ジョージは几帳面でこぎれいな性格の持ち主。身なりも家の中も全てが整っている。素敵なおじさん。しかし、ジムなしの彼は空っぽで、「感じる」という事が可能ではなくなっており、その様子を彼のきちんとした性格が余計に際立たせている。死のうと決めベッドに横になり、銃口を口に入れるジョージ。そんな時までも枕を直し、体の位置を替え、完璧さを求める彼の姿はハラハラさせられる一方で、滑稽にも映る。コリン・ファースは雰囲気に層のある役者だ。彼は平静に振る舞っていたとしても、深い悲しみが体を蝕んでいる男の微妙な表情を作り出す。ヴェネチアで男優賞を受賞した理由も分かる納得の演技だ。

 実生活でも犬も20年以上交際している年上のボーイフレンドもいるトム・フォード。似通った状況にある「A SINGLE MAN」は彼にとってはかなりパーソナルな作品であるに違いない。またトム・フォードの作品だからこそ、ファッションはもちろん、その映像はスタイリッシュでグラマラス。顔を映す時も、目や口のクローズアップが多く、雑誌の1ページ、1ページを繋ぎ合わせた映画の様だ。もし遠目のショットがもっと多くあれば、よりバランスの取れた作品に仕上がっていただろう。それにも関わらず、最愛の人を失った普遍的な人間の心理も十分に描く事が出来ている本作は、映画をどうしても作りたかったファッションガイの初監督作品としては合格点に到達していると言えよう。

岡本太陽

【おすすめサイト】