100歳の華麗なる冒険語 - 小泉浩子

こんな100歳に会ってみたい!(点数 90点)  


(C)NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

あなたは、100歳のお誕生日を迎えました。

「おめでとう!」。

大きな誕生日ケーキが登場します。

でも、その上に、100本のろうそくが乱立していたら、どんな気持ちになるでしょうか?

老人ホームに入所しているアラン(ロバート・グスタフソン)は、100歳の誕生パーティ当日、「お祝いなんて冗談じゃないっ」とホームから抜け出してしまいます。

職員たちはケーキに100本のろうそくを立てようと苦労しているので、簡単に脱走できてしまったのです。

ちょっとした偶然から、大金の入ったスーツケースを取ったため、ギャングや警察から追われる身となってしまいますが……。

原作は、人口約900万人のスウェーデンで100万部以上売り上げた大ベストセラー。

ヨーロッパを中心に40ヶ国で翻訳され、800万部を突破しています。

かなり荒唐無稽なスウェーデン映画なんですが、めちゃ面白かった。

単なる「弱々しい」巻き込まれ老人かと思いきや、実は彼、「爆弾の専門家」(!)だったのです。

かつてスターリンやゴルバチョフ、レーガンら各国要人と関わり合い、歴史的事件の裏にいたのです。

彼の過去が現在と交互に描かれるのですが、本当に淡々と爆弾を仕掛けていきます。しかも、若い頃の彼はイケメンです(笑)。

特殊メイクで青年期から、100歳までのアランを演じたロバート・グスタフソンは、1964年生まれ。スウェーデンの国民的コメディアンです。

旅先で出会った様々な問題を抱えた仲間たちと一緒に、いろんなアクシデントを乗り越えつつ、「何とかなるさ」と悠然としています。

いつしか、家族のようになっていく姿を見ていると、あれほど波瀾万丈な人生だったんだから、よかったねと応援したくなりました。

人間、生きていれば、何かいいことがあるかもしれない。

所詮、人生はなるようになる、と実感できます。

悩んでいるには、人生は短すぎます。

開き直っちゃった者勝ちですね。

つい、くよくよしちゃう方に特にオススメです。

笑って笑って、ラストでは、ほろり、という大好きなタイプの作品です。

見終わったあと、明日もきっと大丈夫って、思えちゃいますよ。

小泉 浩子

【おすすめサイト】