華麗なるギャツビー - 樺沢 紫苑

人は「秘密」があった方が魅力的だ (点数 80点)



© 2012 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved

最初の20分が異常におもしろい。
『華麗なるギャツビー』なのに、肝心のギャツビーがちっとも
登場しないのです。

ようやく登場したディカプリオ演じるギャツビーの満面な笑顔。
謎の男・ギャツビーにすっかり魅了されます。

第三者の語りによってギャツビーという人間が
徐々に明らかにされていく展開がおもしろい。

最初は、秘密だらけのギャツビーが極めて魅力的に見えます。
しかし、ギャツビーの人間性が明らかにされていくほどに、
不思議なことにギャツビーの魅力が色褪せてくるのです。

彼の愛情はストレートて実に一途。
しかし、裏を返せば自己中心的な面も・・・。

彼の人間的欠点もたくさん見えてくるし、
彼のダークな秘密も明らかになってきます。

謎の大金持ちであったギャツビーが、
実は、普通の人間に過ぎない。

いや「普通」ではなく、むしろとても「悲しい人物」に見えてきます。

チェスの駒のように他人を動かしていたように見えたギャツビーですが、
最後には彼自身が駒の一つであり、無力な人間であることが露呈されます。

あまりにも切ないラストシーンにジーンときました。

人は多少「秘密」があった方が魅力的だ、ということなのでしょう。
長所も短所もさらけ出されると、その全てを受け入れることは
難しくなってきますから。

映画前半部の、目が眩むような派手派手のパーティーシーンは
なかなか見応えがあります。
ディカプリオの演技も素晴らしく、役にはまっています。

公開後、あまり話題になりませんでしたが、
ディカプリオ・ファンの私は、十分に楽しませていただきました。

樺沢 紫苑

【おすすめサイト】