アメイジング・スパイダーマン - 樺沢 紫苑

父親探しの映画が多すぎる!?(点数 80点)


(C)2012 Columbia Pictures Industries, Inc. MARVEL, and all Marvel characters including the Spider-Man character & TM (C)2012 Marvel Characters, Inc. All Rights Reserved.

あなたは、映画に何を一番求めるますか? 
「おもしいろ」かどうか? エンタメ性。
あるいは、共感し感動する、深いテーマ性でしょうか?

私は欲張りなので、エンタメ性とテーマ性の両方を求めます。

先日、『アメイジング・スパイダーマン』を見ましたが、
これも、エンタメ性とテーマ性の両方の要素が含まれている作品だと
感じました。

特に、幼少時に亡くなった父親の秘密を探るという
「父親探し」のテーマと、「自分は誰か?」という自分探しのテーマ。

実は、このテーマは表裏一体なのですが、
「自己存在のアイデンティティ」や「承認欲求」といった、
かなり深い部分まで、テーマ性が深く描かれていて、引きこまれました。

3Dというのは私は大嫌いなのですが、本作では、
編集など細かい部分に関しても、3Dの観客を意識して作られていますし、
ビルの谷間を移動するシーンや、糸を発射するシーンなど、
3D向けの映像で構成されているため、
久しぶりに「3Dで見たほうがいい」3Dと言えそうです。

主演のアンドリュー・ガーフィールド
(『ソーシャルネットワーク』のエドゥアルド・サベリン役)も、
「孤独」をうまく演じていたと思います。

それにしても、「父親探し」の映画というのは、昔からありますが、
ここ最近、本当に多いです。
 
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
『ヒューゴの不思議な発明』『虹色ほたる』
『ももへの手紙』など、どれもが亡き父のメッセージを探し、
それを受け取る「父親探し」の物語。
『アメイジング・スパイダーマン』もまさに、そういう話でした。

日本もアメリカも、「父性」不在というのが、
社会的な問題になりつつあるのかもしれません。

樺沢 紫苑

【おすすめサイト】