第7鉱区 - 福本次郎

追い詰められた人間が次第に本性を露わにしていく様子がスリリングだ。(点数 40点)


(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED

逃げ場のない施設で作業員たちが謎の怪物に次々と襲われる。外部と
の通信は途絶え、協力し合わなければならないはずの仲間に秘密を隠
している者がいる。未知の生物からの攻撃とクルーの間に芽生えた疑
心暗鬼、物語は2つの恐怖と戦う人々のサバイバルを通じて、勇気や責
任感といったリーダーの資質を問うていく。命の危険を顧みない者、
足手まといになる者、身勝手な者、極限状態に追い詰められた人間が
次第に本性を露わにしていく様子がスリリングだ。

【ネタバレ注意】

チェジュ島沖の海上プラントの開発リーダー・ヘジョンはベテラン技
術者・ジョンマンの助力で試掘を続けらていたが、ある日、この海域
に生息する深海生物のサンプルが水槽から逃げる。

ホタルイカのような可愛らしい発光生物が、長い牙が生えた口と鞭の
ように伸びる舌を持つヌメヌメとした怪物にいつのまにか変身してい
る。グロテスクな外見と敏捷な動き、人間を追いかけ、何度も食指を
伸ばす執念はある種の知性すら感じさせる一方で、正体が燃料になる
生命体という以外は由来は明かされない。

怪物がいきなり3メートル近い巨体で姿を現すのはいかにも唐突だ。そ
のあたり「エイリアン」と差別化しようとしているが、ただスケール
が小さくなっただけの感はまぬかれない。せっかく“純韓国産CG”を
売り文句にしているのだから、もっと大胆な作り込みをして「ハリウ
ッド越え」を目指すべきだろう。

福本次郎

【おすすめサイト】