特攻野郎Aチーム THE MOVIE - 渡まち子

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

© 2010 TWENTIETH CENTURY FOX

◆ウジウジ悩まず、コ難しい社会性とも無縁の個性派4人が大暴れする様はアリエナイ爽快さ(60点)

 単純にスカッとしたいならこの映画で決まり! と言わんばかりの、正義のヒーローが悪党をやっつけるシンプルなアクション娯楽作だ。スミス大佐、通称ハンニバルが率いる元特殊部隊員で編成されるAチームは、数々の任務をこなしてきた4人の精鋭たち。イラクでのドル紙幣原版強奪事件を解決すべく現地で任務につくが、罠にハメられ無実の罪で投獄される。半年後、別々の刑務所から脱獄した4人は再集結し、身の潔白を証明するために立ち上がる。だが、そこには彼らが予想もしない人物の関与とさらなる陰謀が隠されていた…。

 1980年代に大人気だったTVドラマ「特攻野郎Aチーム」が初の映画化となった。ウジウジ悩まず、コ難しい社会性とも無縁の、個性派4人が大暴れする様は、アリエナイ爽快さだ。Aチーム誕生秘話から、汚名をはらすための奇想天外な作戦、意外な敵の正体などなど、物語はエンタメ・アクションの王道を爆進する。やることは派手だが、残酷なバイオレンスシーンがないのは、TV版の特徴を踏襲するもの。これなら家族揃って、あるいはカップルでもOKである。リーダーで、口にくわえた太い葉巻がトレードマークのハンニバルが繰り出す作戦はいつだって奇抜なものだが、戦車にパラシュートを装着して空中からダイブし、湖に着地するというトンデモなシークエンスは、奇想天外な戦術ばかりの本作の中でも群を抜いてエキサイティングだ。プレイボーイの調達屋フェイス、怪力でメカに強いBA、クレイジーかつ天才的なパイロットのマードックらが集まって本気でバカをやる姿には限りないサービス精神を感じてしまう。リアリティーはないが型破りという意味では彼ら以上のチームはない。加えて、出世や金もうけなどには目もくれず、名誉と正義のために戦うAチームの心意気は昔ながらのヒーロー映画らしいものだ。現実にはありえない痛快さを味わえる、ハリウッド流娯楽作は、細かいことはいっさい気にせずに単純明快に楽しんでしまおう。エンドロールの後にワンシーンあるので、ぜひ最後まで見てほしい。オリジナルTVシリーズのファンには嬉しいプレゼントが用意されている。

渡まち子

【おすすめサイト】