特命係長 只野仁 最後の劇場版 - スタッフ古庄

◆昼は冴えない窓際係長!しかし、その正体は!?(65点)

 特命係長 只野仁。昼は冴えない窓際係長!しかし、その本当の正体は!?会長からの特命で、社内外のトラブルを解決する!強くてかっこいいサラリーマン44歳なのだ!

 深夜番組で初めて観たときの衝撃は忘れられない・・。

 爆笑!!でしたっ♪(笑)

 只野が所属する大手広告代理店:電王堂は、そんなに社内に悪がはびこっていたら会社が成り立たないだろ!?っとまずツッコミを入れたくなるほど、悪代官(悪役員)の巣窟(笑)

 この悪代官たちが私利私欲のためにとっかえひっかえいろんな事件を引き起こす。。

 それを只野係長が会長の命をうけ独自に捜査、卓越した空手(?)を武器に悪代官たちに鉄槌を食らわせてゆくのです♪

 今回の劇場版も映画だから!!と、とりわけ特別な設定(チェ・ホンマンが出演してることくらいかな?)はなく・・ドラマ同様の展開。この手の映画はどうせすぐにTV放送されるのだろうし・・正直、¥1,800を出して観るほどの価値はないかなーと思っていましたが(笑;)実際に観てみると・・

 なぜか意外に満足(笑)

 TVドラマの劇場版って無駄に張り切っちゃって、可哀想にもカラぶって観ていて痛々しくなるような作品が割と多い中・・今作は張り切った感がなかったために、逆に窮屈さを感じず、ドラマ同様のズルっと感をそのまま巨大スクリーンで楽しめました!

 それはもともと、TVドラマを観ていた時点でこの何とも言えない只野仁ワールドにハマっていたからなのかもしれませんが(笑)

 第一、「只野仁」って"タダ(只野)の係長"または"タダのヒト(只野仁)"ネーミングにしてもうまいっ!只野係長のときのダサいスーツスタイルはもとい、かっこいいハズの特命係長の時のスタイルにしても・・見るからにチンピラって感じの人たちとの戦闘シーンにしても、お決まりのお色気シーンにしても・・どこかレトロ感溢れる設定で・・(笑)今時それはないだろ!?っと独特の只野仁ワールドには、狙っているのかいないのかこの他にも数えきれないほどのツッコミどころが満載!ゲラゲラ笑って深夜の眠気も吹っ飛びましたからね(笑)

 そんな只野仁ワールド、深夜番組ならではのお決まりのサウナシーンやありえないお色気シーンは劇場版も健在で、バカバカしいくらいのありえなさ加減で今回も大爆笑です!!

 しかも、特命係長名物とも言えるこのありえないお色気シーンには今回、女医の西川先生が出演。なんでか!?こんなところに西川センセ!?っと突然の登場にびっくりするも・・・

 西川先生の台詞で、今回の配役に納得(笑)

 現実TV番組で見せる強気で男よりお金!的なキャラをそのままに、熱演(?)しておられます。(演技が上手いか下手いかは・・・笑)

 こーんな感じで・・

 TVドラマを気に入っていた方にはもちろん!この劇場版もお楽しみ頂けると思います♪

 まぁ・・ドラマ同様ですので映画館で是非!!とは言えませんが(笑)

 また、今作ではお笑いの場面ばかりではなく、シリアスな場面も・・TVドラマ版も人情的な感動シーンというものが時々ありましたが、今作劇場版もありました!

 映画事態がいい意味でくだらないので(笑)急に人情スイッチが入ってしまうと・・感動作だーっと構えて観ているときよりほろっときちゃいますね。。フイウチです!

 今回は赤井英和さんがとてもいい味を出してくれています。ありがとうございます!!赤井さんと只野の屋台でのやりとりにはきっと多くのサラリーマンが共感を持ち、ぐっとくるシーンではないかと思います。

 ダハっと笑って、ほろっと潤んで、最後はサラリーマンの悲しい性について考える・・日本のサラリーマン達の大変さを改めて思い、また働くことの意義について少しまじめに考える・・

 そんな・・最後は少ししんみりと、なかなかに意外といい作品だったと思います。

 只野仁ファンでない方でも、今後もしTV放映された際にはご覧になってみてください♪

 ただ・・お色気シーンがわんさかで、テーマは半分"お尻"なんじゃないかと思う程、かわいい子のぷりんぷりんのお尻がいっぱい出てくるので・・(笑;)きっとこの劇場版のTV放映も深夜なのでしょうか・・TVで観るにも大変かも。ですね(笑;)

 私は、一人で「特命係長・・大人一名・・」って映画のチケットを買うときがちょっと恥ずかしくて大変でしたけどね(笑)窓口のお姉さんに「お、お一人様ですか?」って聞き返されちゃいましたよ。。(笑;)一人で係長観て・・悪いんかいっ(笑)!!??

スタッフ古庄

【おすすめサイト】