毎日かあさん - 上原 千都世

笑って泣けるエピソードが満載(80点)


(C)2011映画「毎日かあさん」製作委員会

毎日新聞で好評連載中、
西原理恵子さんの人気コミックの映画化です。

単行本は現在7巻まで発売中。

豪快なサイバラかあさんの
息子や娘を容赦ないツッコミに大笑いしつつ
時折みせるあったかい愛情表現にほのぼのしたり
ジーンとしたり。

笑って泣けるエピソードが満載で
私も大好きで、全巻自宅に揃えてます^^

さてさて、映画の方はというと。

泣いたり笑ったり、怒ったり叫んだり。
どうしようなく落ち込んだり
でも気付けば小さな幸せが周りにいっぱいある。

あたしたちおかあさん
みんな頑張ってるよね!

って心から思える映画でした。

正直、キョンキョンはどう見てもキョンキョンで
サイバラかあさんには見えないし
永瀬正敏との元夫婦競演に目がいってしまうのですが
それはそれ。

キョンキョンの豪快かあさんもまたよし。

理解不能な行動をとる息子をはたいたり
子どもたちやアルコール依存症のダメ夫カモシダに
怒鳴りつけたりするんだけど
どんなことがあってもコドモもオットも
かあさんに戻って行く。

おかあさんのたくましさ、は十分に伝わってくる。

怒りすぎて落ち込んじゃったり
悩みすぎてドツぼにハマっているママさんたちには
ぜひ見て欲しいです。

胸にヒットしたのは
サイバラかあさんのママ友、5人の子供のかあさん
麦田さんの子育て目標

「ひとりも死なせないこと」。

実は子育ての目標って
これぐらいシンプルでいいんじゃないか、と思ったりします。

映画的に欲を言えば

コミックではお馴染みの“ムギちゃん”こと
麦田さん他ママ友やサブキャラがもっと巧く
映画の中で絡んでくるとよかったかな~という気もします。

でも、永瀬正敏演じるカモシダの
ダメ夫ぶりにはぜひご注目。

男の弱さとそれでも憎めない
不器用で本当は純粋なオトコのサガを
十二分に体現しておりました。

それから忘れちゃならない子役のふたり!

不可解極まりない“ザ・男子”なブンジくん
おませな4歳の女子、フミちゃん。
けなげでかわいくって思わずニンマリしちゃいます。

映画は映画。漫画より豪快さは薄まってますが

おかあさんってたくましい、というメッセージは

十分伝わっていたのではないでしょうか。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

最後に。

キャッチコピーがいいですね^^

泣いてるひまがあったら笑おう。

ほんとだなあ。
かあさん業は泣いたり笑ったりほんと忙しい。

でも笑ってる時間、もっともっと増やそう。
かあさんが笑ってたらそれだけで家族は幸せ。

ちなみにコミック最新刊の帯にはこんな言葉が。

笑いで世界が何とかなりますように。

映画を通しておかあさんの笑顔が
もっともっと増えますように。

上原 千都世

【おすすめサイト】