指輪をはめたい - 福本次郎

結婚を目の前にした男の、「この女でいいのか」の気持ちがリアルだ。(点数 50点)


(C)2011 Kino Films. All Rights Reserved.

気がつくと3人の女が婚約者になっている。美しく頭脳も明晰な完璧な
同僚、セクシーでさばさばした性格の風俗嬢、古風で尽くすタイプだ
がずれている人形劇師。それぞれに魅力を感じつつも、誰が本物の婚
約者か見当がつかない。映画はそんな主人公の幸せな災難をコミカル
に描く。なくした記憶を取り戻すために彼女たちと愛を確認していく
姿は、まさに彼自身の自分探し。その過程で、1人を選べない心の弱さ
が露呈していく。決められないのは逃げているだけ、結婚を目の前に
した男の、「この女でいいのか」の気持ちがリアルだ。

【ネタバレ注意】

営業先で頭を打った輝彦は、恋人のデータをすっぽり忘れてしまう。
さらにかばんから婚約指輪が見つかり、我こそ婚約者と名乗る女が3人
現れる。わけのわからない輝彦は、謎の少女・エミに相談する。

3人の女はある意味、男の理想像ともいえる存在。ただ、その中から1
人に絞るとなるとみなどこか物足りず、踏ん切りがつかない。3人との
日替わりデートは楽しいはずなのに、結婚という現実が重くのしかか
ってくると途端に憂欝なものになっていく。

それでも結論をズルズル先延ばしにする輝彦には、もはやモテモテの
うらやましさより、悲壮感を覚える。あり得ない設定ながら、非常に
ファンタジックな映像が独特の世界観を作り上げ、輝彦の逡巡を明る
い苦悩に変えている。この物語に登場する女たちは、輝彦にもてあそ
ばれた被害者なのに、皆輝彦に優しい。それは彼の人徳なのだろうか。

福本次郎

【おすすめサイト】