恋愛寫眞 - 前田有一

◆映像一流、演技は二流、ラストのアクション三流以下(60点)

 タイトルは、『恋愛写真』と読む。広末涼子主演の恋愛ドラマだが、途中からジャンルが変わって違和感が味わえる、強烈な変調を味わえる一本。

 ただ本作を一言でいうと、映像一流、演技は二流、ラストのアクション三流以下、というもの。

 まず映像、とくに静止画の部分は、文句無しにすばらしい。綺麗な映像を見るというのも、映画の楽しみの一つだから、これは高く評価したい。

 演技二流というのは、主に松田龍平のそれを指す。彼は、カリスマであるオヤジ(松田優作)のネームバリューのせいで、最近いろいろな映画で顔を見るが、まだまだセリフまわしがたどたどしい。

 私が監督ならば、セリフのある役には使わないので平気だが、この映画ではもちろんそうではない。広末の相手役という重要な役どころであるから、観客は111分間、少々の我慢が必要になるであろう。雰囲気はとてもいい役者だけに、今後の成長を祈る。

 アクションが3流というのは、これは見てもらえばすぐわかる。ああ、前田の野郎が言っていたのはこれか、と、誰もが納得してくれるはずである。それがメインの映画ではないから、多くは述べないし、たいしたマイナスではないが。

 それより問題は、主演の男女どちらに対しても感情移入しにくいという点。そのため、泣きを誘うシーンもいまいち盛りあがらないし、最後の妄想キスシーンなど、かなり痛い。

 映像が綺麗な分60点を上げたが、それ以外の要素は平均を下回るものであると言っておきたい。

前田有一

【おすすめサイト】