彼岸島 - スタッフ古庄

◆無理して詰め込むことないのに(50点)

 あ~やっぱり。

 予告編を見て、嫌な予感がしたんですよねぇ。。

 山本耕史さんの あの、安っぽいメイクに・・。

 まっ白に塗りたくった肌、赤い目、赤い唇、白銀の髪…オイ!! 一昔前のビジュアル系バンドか!?

 と、目にする度に突っ込みたくなりましたが(笑;)こいつの正体は..吸血鬼・・・。

 (山本さん..なんでこんな役受けたんだろ?)

 しかも、絶海の孤島、彼岸島に君臨する吸血鬼の長なのだ(笑;)

 (ちなみに…他の吸血鬼は、日本版ゾンビ!! こっちのほうがよっぽどリアリティあってよかった!笑)

 こいつと、高校生達が訳あって戦うハメになるのが、今回のお話なんですねぇ。

 すでに30巻あたりまで連載が及んでいる漫画が原作の映画なんですけども・・

 やっぱりねー。詰め込みすぎですわ。

 原作を読んだことがない私でも気づくくらいストーリーをどえらく端折った感、ありあり。

 途中、「?」なところはあるし、矛盾だらけで、「結局、なんでもありなんじゃんッ!?」とイラッときた。。

 特に、登場人物達の言ってる事がころころ違うッ!!!

 「自分の力を過信するな!!」的なことを言ったと思ったら、すぐ後に「自分の力を信じろ!!」的なことを喚いているし、、

 たぶん、展開が速すぎて台詞に説得力がないんだよね。。

 それに、高校生達の友情や吸血鬼と人間の違い(心があるかどうか) を通して、人間ドラマを熱く表現しかけた(?)ところもあったけれど、微妙。

 どんなに臭い台詞でも、何にも心に響かない。

 で、ストーリーもこんなだし、CGもアクションも頑張りは見えるけど、全体的に中途半端って言うかなんて言うか、イマイチ。

 正直・・失敗やなぁ、コレ。。

 似ている感じで言うと、「バトルロワイアル」でしょうが、こっちの方が数段上を行ってます!

 まぁしかし、、もりもりいろんなことを詰め込んでいるので、観ていて飽きることはないんですよ(笑)

スタッフ古庄

【おすすめサイト】