幸せはシャンソニア劇場から - 佐々木貴之

◆美女ドゥースの歌声は秀逸であり、最も魅力的だ(70点)

 不況真っ只中の1936年、パリ。長年に渡って人々に愛されてきた下町のミュージックホール、“シャンソニア劇場”が経営不振から突然閉鎖することになり、裏方として働いていたピゴワル(ジェラール・ジュニョ)は当然の如く失職し、酒に溺れる日々を送ることになる。挙句の果てには保護者失格として息子ジョジョ(マクサンス・ぺラン)とも引き離されてしまう。愛息子を取り戻すべくピゴワルはかつての仲間たちとともに劇場再建に乗り出すが……。

 本作の面白いポイントと言えば、やはりミュージカルテイストを取り入れていることであり、登場人物たちの歌声やボードビリアンによるネタ魅せであり、ノスタルジックな楽曲や笑いが味わい深い。中でも美女ドゥース(ノラ・アルネゼデール)の歌声は秀逸であり、最も魅力的だ。ラストはミュージカルの面白さが最大に発揮され、ラストシーンに相応しい華やかな出来栄えだ。様々な歌やダンスがゴキゲンな気分にさせてくれること間違いなしだ。

 ピゴワルとジョジョの父子の絆、ドゥースとミルー(クロヴィス・コルニアック)による恋愛関係といった描写もドラマに深みを与えていて印象深い。また、不況や様々な困難に負けじと劇場復活のために頑張る人々の姿も良い。

 個人的には、本格的なミュージカル映画として作られていたら、もっと良かったことだろう。

佐々木貴之

【おすすめサイト】