富江 アンリミテッド - 福本次郎

どこまでが月子の悪夢でどこからが現実なのか、境界が曖昧になるにしたがって月子が味わう混沌がリアルな感触となっていく。(点数 50点)


(C) Junji Ito (C) 2011東映ビデオ

肩のできものから伸びる長い舌、弁当箱に6つ並んだ小さな顔、宙に浮
く生首etc.…。ヒロインに憑りつく悪霊の数々はまるで古い遊園地の
お化け屋敷に出てくるような質感で、恐怖よりもむしろ懐かしさを覚
えてしまう。また、娘の顔がいくつも連なった大ムカデのような怪物
や巨大化した顔など、その見せ物小屋的なおどろおどろしさのおかげ
で、緊張せずに見られる稀有なホラー映画となっている。

カメラが趣味の月子が美しい姉・富江を撮影中、工事現場から鉄パイ
プが落下、富江の体を串刺しにする。1年後、月子の家に富江が帰っく
ると、両親は彼女のいいなりになって月子を折檻する。

富江はいったい何者なのか? 「月子の姉」の富江は1人のはずなのに、
いつの間にか増殖してあちこちに出没するだけでなく、月子の親友・
佳恵の肉体まで奪ってしまう。そして柔道部員に首を刎ねられ首なし
になった佳恵が月子を追いかける姿は、もはや笑わずにいられないほ
ど非現実的な光景となって見る者に迫ってくる。どこまでが月子の悪
夢でどこからが現実なのか、境界が曖昧になるにしたがって月子が味
わう混沌がリアルな感触となっていく。

「富江」とは、月子の心の中に潜む“悪意”を抽出し煮詰めた結晶な
のだろう。自分の思い通りになってくれない周囲の人々すべてを殺す
こと、その中には月子自身も含まれている。街中に溢れる不気味な笑
みを浮かべる富江の分身たちは、月子の願望が実現した結果なのだ。

福本次郎

【おすすめサイト】