地球が静止する日 - スタッフ古庄

◆オリジナルの方が気になっちゃうよ!(50点)

 なになに?

 本作品、57年も前に作られた、オリジナルが存在する! らしい。その名も『地球の静止する日』。そのまま。

 ご覧になられた方いらっしゃるでしょうか?

 この緑豊かな地球に産声を上げて28年目の私は、リメイク版の今作を始めて目にいたしました!

 が・・・

 何故、コレをリメイクしたのか・・?疑問でござる。(笑)

 オリジナル版の内容は、“宇宙人が平和の使者として戦争を続ける人類を説得しに来る!”(笑)というものだったらしいのですが、2008年に来米した宇宙人は人類の環境問題に対する意識の低さをおもいきり強引に問うていくもの、となっており・・・

 ん?ん。リメイクなの?コレ・・・。

 映画という媒体を使って、“環境問題についてもっと危機感を持とうよ!”っと提起することはいいことだと思いますが、どうもイマイチ。いや? イマニ?・・(笑;)

 余程、『プラネットアース』的な作品の方が心に響きます!

 単なる作品としても、むしろ、前作のオリジナルの方が気になるし。。ピポパポッ♪平和主義の宇宙人が人類を説得しにやってきましたよ?!って、どうよ?(笑)

 さらには、前作を観ていなくても、バンバン流されているおせっかいなCMのせいで・・・あ?またこの話か。どうせ宇宙人が人類を滅ぼしにやってくるんだろ!?っと、内容が安易に想像できてしまいます(笑)

 新鮮味も何もあったもんではない!(あ。57年前のリメイク作なんだから新鮮味は元からないのか・・・汗;)

 まぁ。しかし・・CMだけすごくて、興味を魅かれ期待して観に行ったわりにズリコケたー!という作品よりは、好感が持てましたがね。ある意味、期待を裏切らなかった、CMに正直な映画でございます(笑)

 と・・・

 こてんこてんに貶しておいてなんなのですが、映画冒頭は意外にぐいっと引き込まれる面白さはあったんですよ♪

 キアヌ扮する宇宙人:クラトゥ(名前だけはなんかわいい♪)が何をしに地球へ来たのか、が明らかになるあたりまでは・・・。

 そのままイってくれたらよかったのに!展開が進むに連れて、どんどんどんどん面白さが失速していき・・・ ・ ・  ・  ・   ・    。ついにはコチラが、静止する時、ですよ(笑)

 (クラトゥが何をしに来たのか?は、CMでもわかりますので、書いちゃいますけど・・笑;)

 “地球を救うため、人類を滅亡させにやってきた”んです!

 そのクラトゥが、いかにして人類滅亡を諦め、帰るのか。ココが一番の魅せどころだったでしょうに・・・

 なんともチンケ。

 地球に対しては暴力的で破壊的すぎる人類が持つ“違う魅力”とやらが、人類滅亡計画を諦めさせる、その理由となるのですが・・

 その人類の持つ“違う魅力”を語るエピソードが・・なんともはや・・・。

 ジェニファー・コネリー、ジェイデン・スミス(ウィル・スミスの息子さん☆)演じる継母と息子のうす?いやりとり。途中、もうこのエピソード、いらないんじゃない?・・・っと思えるほど。。

 人類のせいで、瀕死の状態となってしまった地球を守るため、言わば害虫駆除ならぬ害人駆除にやってきたわりに、こんなエピソードであっさり諦めすぎだよクラトゥ。。

 むしろ、地球人的美人なジェ二ファーと恋でもしてくれた方が、まだ説得力があったよクラトゥ!(定番ですが・・笑)同じラストを迎えたとしても、もっともっとわかりやすい感動を観客にお届けできたかもしれないよクラトゥ!せっかく、地球人的美男子の皮を被れたんだから、これを利用しない手はなかったのに(笑)

 ん?ん。

 そんなこんなでストーリーはいまひとつでしたが、マトリックスといい、コンスタンティン(これはおもしろくなさすぎて記憶に残っているけど・・笑)といい、キアヌリーブスは、無表情で青白い、人間ぽくない役回りがハマりますね。普通に見ていても皮膚の下が硬そうですもん(笑)

 マトリックスの時は報酬がなくてもネオ役をやりたい!っとかってでて、インディーズの映画に出たいからとスピード2の出演を断る!なんとも役者魂燃えるエピソードをお持ちのキアヌ。

 そんなキアヌが選んだ今作品・・・。

 なにを基準に役を選んでいるのか、気になりますが(笑)

 これからもその意気込みで素敵な映画を作っていってほしいですね♪ガンバッてください!

スタッフ古庄

【おすすめサイト】