北京ヴァイオリン - 前田有一

◆俳優が上手いので、なかなか泣ける(55点)

 現代中国を舞台に、ヴァイオリンを通じて父と子の強い絆を描いた感動ドラマ

 中国のある田舎町が舞台。父と2人暮らしのチュンは、幼いころに亡くした母の形見であるバイオリンを上手に弾き、周囲で好評を得ていた。父はそんな息子に本格的な教育を受けさせ、なんとか一流の演奏者してやろうと、貧しいながらも必死に貯金に励んでいた。やがて2人は、コンクール出場のため北京へと向かう。優勝こそ逃したチュンだったが、その才能を確信した父は、有名な音楽教師に預けるため、北京への移住を決意する。

 あまり細部にこだわらず観るべき映画だ。そうでないと、終盤に出てくる重要キャラであるリンの問題が未消化だったり、なんでバイオリンを隠していたのかなど、細かい不審点が気になって後味が悪い。

 ソフトフォーカスで、露出を高めた派手な絵作り、また、感動的シーンのあとに間を置かず、次々と話を展開するテンポの速さは、ややハリウッド的な感じがする。もうちょいゆっくり進めてもよい感じだ。

 良い点は、なんといっても俳優たちの演技で、とくに父親役などは、最後まで続ける徹底した小市民ぶりが、真相を知った時の感動を大いに盛り上げる。見事な演技である。

 少年と同じアパートに住む女の存在もいい。「彼だけが私の事を!」と叫ぶセリフで、多くの方が涙腺をやられるはずだ。

 中国映画で泣けるものを探している人は、ぜひこれを選択の中に入れてみてほしい。さわやかな涙を流せますぞ。

前田有一

【おすすめサイト】