借りぐらしのアリエッティ - スタッフ加納

借りぐらしのアリエッティ

© 2010GNDHDDTW

◆今の時代だからこそ、伝えたい事が描かれている(60点)

 この映画は、メアリー・ノートン作『床下の小人たち』を映画化した作品。人間が住む家の床下に暮らしている、小人達の物語が描かれています♪

 小人達は、妖精みたいに魔法が使えるわけではなく、“体がとっても小さい”ってだけなので、私達人間が食べている物を食べ、床上の電気などを借りて暮らしています♪

 ちなみに・・・何故小人達は床下に暮らしているかというと・・・“自分たちの姿を人間に見られてはいけない”という掟があるらしい。なので、密かに床下で生活をしているんです。

 で、タイトルにもなっているアリエッティは、この小人さん。もうすぐ14歳になる女の子♪ かわいいの♪

 父と母の3人家族で暮らしているんです。

 好奇心旺盛なアリエッティは、床上の世界に興味津々♪

 (好奇心旺盛なところなど 普通の人間の子供が持っている感情と一緒ですね♪)

 もうすぐ14歳になるということで、父と一緒に床上の世界へ行くことになります♪

 床上に行くまでに、釘を壁に打った階段を作って上がったり、柱を登るときは、両面テープを手足につけて登ったりと、知恵を使って登っていく様子が、何だか面白かったですよ♪

 同時に、知恵を振り絞って生活をしている小人達に、何だか感動もしちゃいました!

 今の世の中、便利なものばかりで、それが当たり前になってきているので・・・。

 そんなことを考えさせてくれました♪

 あと改めて、ジブリって優しい映画だなと感じました!

 うまく伝えるのが難しいのですが・・・観てて気持ちが優しくなれるというか、映像が神秘的だけど、どこか懐かしさも感じたりとか・・・さすがだなと感じます!

 ただ、本作はもう少しストーリーにメリハリがあっても良かったかなぁ(汗;)

 一つの結果を出さずに、それぞれの捉え方ができるようにするスタイルがジブリなので、そのように描かれているのだろうとも考えられました。。。が!!

 淡々とストーリーが流れていって、結果も「これから先どうなるの?」と疑問を持って終わってしまったので、もう一押し欲しかったです。(汗;)

 (「それが目的なのかな?」とも ジブリなので思う事なんですけどね(汗;))

 今回映画ジャッジさせて頂きました、

 『借りぐらしのアリエッティ』♪

 老若男女が楽しめる映画なので、ご家族みなさんでぜひご覧ください♪

 癒されますよ~♪

スタッフ加納

【おすすめサイト】