ロボジー - 小泉浩子

最先端のロボットの中には、じーさんが入っている? ブラックな笑いがいつしか、感動の涙になるのがスゴイです。(点数 80点)


(C)2012 フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

家電メーカー・木村電器の窓際的社員・小林(濱田岳)、
 太田(河合正悟)、長井(川島潤哉)の3人は、ワンマン
 社長(小野武彦)から、「二足歩行ロボット」の開発を命
 じられていました。

 ロボット博での企業広告が目的ですが、もともと、畑違い
 の彼らにできるわけがありません。

 しかし、ロボット博の1週間前に、開発中のロボット
 「ニュー潮風」が大破してしまい、追い詰められた彼らは、
 ロボットの中に、人間を入れて動かすというとんでもない
 計画を立てますが……。

 『ウォーターボーイズ』、『スウィングールズ』などで、
 おなじみ矢口史靖監督最新作です。

 ロボットにぴったりサイズの人間を探すため、架空のオー
 ディションで選ばれた73才の鈴木重光(五十嵐信次郎)
 がまた、とんでもないじいさん!

 3人には、わがまま言い放題だけど、孫に嫌われているの
 だけは、辛いという偏屈なお人柄。

 ミッキー・カーチスが「五十嵐信次郎」を名乗り、ひょう
 ひょうと演じています。

エンディング曲の『MR.ROBOTO』も楽しそうに
 歌っているのがステキですよ。 

 ロボット博で、助けられた女子大生・葉子(吉高由里子)
 は、「ニュー潮風」に恋しちゃいます。

 ロボット博では、実際のロボットたちがたくさん、登場す
 るので、ロボットおたくの方には、たまらないかも。

ロボットに恋する葉子役の吉高由里子、めちゃかわいいで
 す。

 社長命令で、一躍、人気者になった「ニュー潮風」を連れ
 て、3人は巡業します。旅先でのじいさんの無茶ぶりと、
 あきらめたようにそれを受け入れる3人の行動は、かなり
 笑えます。

 いつ、ばれるんだろうとドキドキしながら観ていると、き
 わどいところで、ばれなかったりして、さらにドキドキ。

 嘘が嘘を呼び、もうどうしようもないところまで進んでい
 き、緊張しまくると、うまくやりすごしたりして、もう、
 たまりません。
 
 ラストは、かなりさわやかで、思わずほくそ笑んでしまう
 ハズ。

小泉 浩子

【おすすめサイト】