リアル・スティール - 樺沢 紫苑

父子関係の再生がっかりと描かれていたのはよかった。(点数 80点)


(C)DreamWorks II Distribution Co. LLC

新年最初の映画を見ました。『リアル・スティール』です。

 感動系映画として宣伝されていましたが、
ロボットの戦闘シーンの迫力が印象的でした。

 そして、父子関係の再生がっかりと描かれていたのはよかった。

 「アトム」というシャドー(物真似)機能を備えたロボット。
 真似るはのは人間の子供も同じ。

 自分の親の行動を真似しながら学び、親を目標にモデリングするのが
「成長する」ということ。
 ですから、このアトムはロボットというよりも、
人間に近い存在として描かれます。

 しかし、マックスの父親チャーリーは、徹底したダメ親父で、
息子マックスにとって、真似たい存在では全くありません。

 とにかくダメ親父であるチャーリーは、
マックスとアトムによって、
「ボクサー」として必死に頑張っていた自分を思い出します。

 ボクサーとして輝いていた自分。
 それを取り戻した瞬間に、チャーリーはマックスにとって、
「尊敬の対象」=「本当の父親」になるのですが、
そのシーンが感動的です。
 それがどのような形で描かれているかは、見てのお楽しみ。

 父親が一生懸命に頑張っている姿を子供に見せる。
 子供が父親に尊敬されるためには絶対に必要なことです。

 また、親子で共通の目的を持ち、共同の作業をして、一緒の時間を過ごす。
 これは、親子関係を密にする重要なコツです。

 マックスとチャーリー親子は、「ロボット・ボクシング」を勝ち進む
という共同作業を通して、親密になっていくのです。

 それにしても、格闘シーンの盛り上げ方、
クライマックスへのテンポアップ、人物描写など
非常に卒なく作られています。
 悪く言えば後半の展開が予想通りで、サプライズがない点は
少々物足りない気がしました。

 手堅く楽しめる娯楽映画と言えるでしょう。

樺沢 紫苑

【おすすめサイト】