ラブリーボーン - 福本次郎

◆親しい人々がすぐ目の前にいるのに、思いを届けられない。ただそばに寄り添い、存在を感じてもらうだけ。14歳で殺された少女の、憎しみよりも愛、恨みよりも感謝の気持ちを、生きている者たちに必死で伝えようとする姿が美しい。(70点)

ネタバレ注意! この批評は結末に触れています。

 親しい人々がすぐ目の前にいるのに、思いを届けられない。ただそばに寄り添い、存在を感じてもらうだけ。14歳の冬、突然命を奪われた少女が現世と天国の境目でさまよううちに、己の人生が短いながらも有意義だったと知る。憎しみよりも愛、恨みよりも感謝の気持ちを、生きている者たちに必死で伝えようとする彼女の姿が美しい。愛された思い出さえあれば、残った家族や恋人の心の中で生き続けることができる。そんな主張が死に対する恐れを取り除いてくれる。

 両親と妹弟たちと仲良く暮らすスージーは、学校帰りに近所に住む変質者・ハーヴィに拉致され、殺される。父と妹はハーヴィに嫌疑を抱くが、死体は見つからず、警察もお手上げ。精霊となったスージーは地上に戻り、彼らの行為を見届ける。

 しばらくの間、スージーには死んだという実感が湧かなかったのだろう。ハーヴィに襲われたのは覚えていても、彼に復讐するよりは早く自分に気づいてほしいと願っている。映画は、ハーヴィーがのうのうと普段の生活を続け、警察が何も手掛かりをつかめない様子を丹念に追う。スージーの魂がハーヴィーに憑りつき、家族にヒントを与えて事件の真相を明らかにしようと試みるのではという予想をまったく裏切り、見る者のフラストレーションは必然的に高まっていく。しかし、死などまだ遠い未来と思っている14歳の少女にその本質が理解できるわけもなく、むしろ彼女の幸せだった記憶をよみがえらせることで、生を受けた事実の素晴らしさを謳いあげる。

 数年後、ついに妹のリンジーが犯行の決定的証拠を手に入れ、ハーヴィはあわててスージーが入った金庫を捨てに行く。スージーはそろそろ天国に行かなければならないが、心残りだった「自分の死体を発見させる」か「恋人とキスをする」かの選択を迫られる。そしてこの世で叶えられる最後の願いに、ずっと憧れてたけれどできなかったことを選ぶのだ。どんな死に方をしても天国に行くときは平安を手に入れられる、そういった優しさが胸にしみる作品だった。

福本次郎

【おすすめサイト】