ライフ いのちをつなぐ物語 - 福本次郎

決定的瞬間をとらえるまでに費やされた膨大な時間と最新技術の結晶ともいえる映像の数々は、まさに驚異の世界だ。(点数 60点)


(C)BBC EARTH PRODUCTIONS (LIFE) LIMITED MMXI. ALL RIGHTS RESERVED.

生きるというのは、生き残り子孫を残すこと。強いものが弱いものを
襲って食料にする厳然たるルールがある一方、弱者もまた身を守るた
めに様々な知恵を絞り、数世代にわたって継承するうちに進化してい
く。あるものは天敵がいない環境に適応して特異な形質を獲得し、あ
るものは個体が群れをなし遺伝子を残す確率を上げようとする。動物
たち日々の営みの決定的瞬間をとらえるまでに費やされた膨大な時間
と最新技術の結晶ともいえる映像の数々は、まさに驚異の世界だ。

【ネタバレ注意】

南極の雪原で出産するアザラシに始まり、高山地帯、乾燥地帯、ジャ
ングル、大海原、絶海の孤島と開発の手が入らない豊かな自然の中で、
昆虫から大型動物まで様々な捕食と生殖の実相を紹介していく。

4匹しかいないオタマジャクシを木の上で育てるカエルや、植物の葉を
切り取って地下の巣の中に運びキノコを育てて食料にしているアリの
高度な社会生活、峻険な崖に生息するアイベックスなど、その場所で
しか暮らせない動物たちはむしろ進化の袋小路に迷い込んだよう。

それらは科学などでは到底想像が及ばない“大いなる意思”が働いて
いるとしか思えない光景。神の御業などと言うと陳腐になってしまう
が、やはりある種の神秘を感じずにはいられない。地球は、そこで命
を授かった生物すべてのもの、彼らには彼らの一生があって、人間が
介入してはいけない。そんなメッセージが強烈に伝わってくる作品だ
った。

福本次郎

【おすすめサイト】