モールス - 福本次郎

登場人物の感情を説明しすぎたせいだろう。。。 (点数 50点)


(C)2010 Fish Head Productions, LLC All Rights Reserved.

もはや獲物を仕留めるには年を取りすぎ、失敗した挙句に自分の顔を
焼き、最後には血を供して命を絶つ。己で決めた道とはいえ、数十年
にわたって少女に仕えた末に、やっと彼女の一部となって息絶えた男
のすさまじいまでの愛が切なくも美しい。映画は家族や友達に恵まれ
ない少年と少女の外見をしたヴァンパイアとの交流を描く。雪に閉ざ
された町、他人との距離が縮められない者同士の心の共鳴が哀切を帯
びた通奏低音となり、胸を締め付けるような生きづらさを象徴する。

【ネタバレ注意】

オーウェンの隣の部屋に、父娘が引っ越してくる。彼はその少女・ア
ビーと話すうち彼女の表情から底知れない悲しみを感じとる。一方、
アビーの“父”は人間狩りが満足にできず、アビーを苛立たせていく。

アビーの“父”は、実は彼女のために人間の血の採取する世話係。加
齢とともに腕は鈍り、アビーの食欲を満たせられない。オーウェンと
接近するアビーに「もう彼と会わないでくれ」と頼むのは、今や彼女
の気持ちがオーウェンに移りつつあるのを悟った証拠だ。アビーは若
さを保っているがわが身は衰えていく。捨てられる日が近いのではな
いかという恐怖は、酸を浴びるよりも切実な痛みだったに違いない。

しかし、男たちに希望と目的を与えながらも自らは彼らの苦悩を引き
受けるアビーの憂いを湛えた瞳は、彼女の絶望を饒舌に語っていた。
ただ、「ぼくのエリ」ほどのやるせなさを覚えないのは、登場人物の
感情を説明しすぎたせいだろう。。。

福本次郎

【おすすめサイト】