ミッドナイト・イン・パリ - 青森 学

絢爛豪華な黄金時代のパリのサロンに迷い込んだ主人公の戸惑いと驚きがユーモラスで、過去の偉人との夢のような邂逅に羨望すら抱かせられる。(点数 80点)


Photo by Roger Arpajou (C) 2011 Mediaproducción, S.L.U., Versátil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

フィアンセとの結婚にためらいを感じマリッジブルーになっているハリウッドでそこそこの成功を掴んだ脚本家のギル(オーウェン・ウィルソン)が、フィアンセとその家族で訪れたパリで遭遇する”真夏の夜の夢”。文壇・画壇、さまざまな芸術の中心だった”黄金時代”と呼ばれた1920年代のパリに憧れるギルはワインの試飲会の帰りにクラシカルなプジョーに乗った乗客に親し気に声をかけられてついて行くと、そここはまさにギルが憧れていた1920年代のサロンだったというはなし。

サロンでくつろぐ偉人のなかでもとりわけ、ヘミングウェイ(コリー・ストール)とギルの掛け合いが印象深い。ヘミングウェイの情熱的だが怜悧な一面も持っており、主人公に短いながらも心に残るコメントを残す姿は本物のヘミングウェイを見ているかのようだった。サロンでは絢爛豪華でありながらも闊達な議論に花を咲かしており、ガートルード・スタイン(キャシー・ベイツ)のピカソへの辛辣な批評に息を呑むほどの迫真さが感じられた。
このような状況を背景にして、ギルの揺れ動く男心(?)が丹念に描き出されていく。

サロンでひときわ目を惹く女性、アドリアナに一目惚れするギルの態度に監督のウッディ・アレンの恋愛観が投影されているようで興味深い。アレンもまた恋多き人物なのだが、ギルのパーソナリティを観察すると当然のことだがギルが悪者のようには描かれてはいない。
監督のウッディ・アレンもパリジャンの成熟した恋愛観に共感しているのかも知れない。それもまた監督がパリに強く惹き付けられる要因の一つではないのかと邪推してしまう。

そして、もうひとつこの物語を読み解く鍵に「懐古趣味」がある。ギルは1920年代のパリを黄金時代と呼び、その時代に住むアドリアナはさらに昔の19世紀末のベル・エポックこそが自分の住むべき世界だと訴える。監督はきっとそのどちらの時代にも愛着があるのだろうが、パリの歴史を愛する自分を客観視してその反証を試みる姿勢を崩さない。作家の仕事というものは自分の心の中で湧き上る”モノローグ”を解体して”ダイアローグ”に編み直す作業でもある。監督の心の中で交錯するアンビバレンツな感情がこの作品へと昇華していると言えるだろう。もうひとつの主役でもあるパリの街の名所を余さず撮って作品として世に送ることが出来たのはウッディ・アレンも男子の本懐と致すところだと思うが、それが冒頭の街の風景のカットに良く表れている。この映画を観ていると雨に煙るパリの街が一層叙情的に見えてきた。これも監督のパリへの愛ゆえなのだろう。

青森 学

【おすすめサイト】 
Warning: file(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: file(http://www.beetle-ly.net/linkservice/full_nor/group73): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 83