マイティ・ソー - 福本次郎

人は、いや神ですらどんな時もひとりでは生きていけないのだ。(点数 60点)


TM & (C) 2010 Marvel (C) 2010 MVLFFLLC. All Rights Reserved.

落日に浮かび上がる天空の黄金都市、七色に表情を変えるクリスタル
の橋、北欧神話風の甲冑をつけ武器を手にする戦士たち。神々が住む
国は勝利の栄光に満ち、輝きに溢れている。その圧倒的なビジュアル
は3D効果で更なる深い奥行きを持ち、まるで中世のおとぎ話の中にい
る気分になる。映画は王の後継者となるべき男が、無謀さ無思慮さゆ
えに地上に追放され、分別と謙虚さを学ぶ姿を描く。独りよがりの行
動が目立つ主人公が力を奪われたとき、頼れるのは友人。人は、いや
神ですらどんな時もひとりでは生きていけないのだ。

王の命に背いて氷の巨人国に侵攻したソーは、米国の砂漠に落され、
観測中のジェーンたちに拾われる。ソーは自分の武具であるハンマー
を回収しようとするが、すでにハンマーを操る力は残っていなかった。

“人間並み”になったとはいえ、ソーの強さは際立っていて、政府機
関の屈強な警備兵をやすやすと片付けていく。このあたりソーの超人
的活躍を期待させるが、驚異的な能力は復活しないまま。結果的にソ
ーはジェーンたちから人間界の慣習を教わっていくが、彼の古臭い言
葉づかいや現代米国の常識とはズレた挙動が笑わせてくれる。

普通の男が爆発的パワーを得る過去のマーベルコミック物とは一線を
画し、神が能力を失って普通の人間になるという正反対の構図を取る。
その状況を受け入れ、むしろジェーンたちとスリルを楽しんでいるか
のようなソーの姿が頼もしい。

福本次郎

【おすすめサイト】