ペルセポリス - 岡本太陽

波瀾万丈の人生を生きたマルジャン・サトラピ監督自身のグラフィックノーベルを映画化(90点)

 2007年のカンヌ映画祭で大絶賛されたあるフランス映画がある。イランに住む少女マルジの成長を描いた『ペルセポリス(原題:PERSEPOLIS)』がそれだ。この映画は近年CGによる視覚的にリアリティを追求した作品が多い中、どこかノスタルジックな雰囲気を持つ特徴的なアニメーションである。フランス公開時には大ヒットし、マルジの成長の物語を皆絶賛した。そしてその賞賛の波はとどまるところを知らず、トロント映画祭、ニューヨーク映画祭でも上映された。また、現在ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞にもノミネートされている。

 1978年、9歳のマルジは父、母、祖母と一緒にイランで暮らしていた。彼女は家族に自由奔放に育てられた。しかし、革命が起こり、今まで通りの生活ができなくなってしまう。学校は男女別々、そして女性は黒いスカーフで頭を覆わなくてはいけなくなってしまった。それを窮屈に感じるマルジだが、翌年に戦争が勃発、イランに暮らす人々への重圧はのしかかる一方。マルジの両親は彼女の自由奔放さが彼女自身に身の危険をもたらすと考え、渋々ながらマルジをヨーロッパへ留学させる。留学先はオーストリアのウィーン。ウィーンの学校ではマルジはアウトサイダー達とつるむ様になり、彼女の奔放さは勢いを増す。しかしながら、彼女が大人の女性へと変貌を遂げるに連れて、彼女の心の中でイラン人である自分と、イラン人としては生きられない自分の狭間で葛藤する様になる。そしてウィーンに住んで数年が経過したあるとき、イランへ帰国することになる。祖国に帰った彼女は何を見つけるのだろうか…。

 監督はマルジャン・サトラピという『ペルセポリス』が初作品となる女性監督だ。この『ペルセポリス』、実は彼女の半生を綴ったストーリーなのだ。まず始めに4年という歳月を費やし、彼女は同名のグラフィック・ノーベルを制作した。その後、このグラフィック・ノーベルが好評だったため、何度も映画化のオファーが舞い込んで来たが、実写ではなく、アニメーションとして自身で監督に挑んだ。声優にはマルジの母にカトリーヌ・ドヌーブ、マルジにカトリーヌ・ドヌーブの娘のキアラ・マストロヤンニ、マルジの祖母にダニエル・ダリューが起用されている。

 この映画『ペルセポリス』は絵もかわいらしく、時にファンタジックなシーンもあるが、実はなかなか怖いストーリーでもある。アニメーションということで、戦争が起きたり、人が死んだりする場合でも、どこか平気で観る事が出来、物語に集中出来るのだが、これが実際にあったストーリーと考えると非常に恐ろしい気持ちがする。驚きに満ちた素敵な映像の裏には悲しく恐ろしい現実があったのだ。

 また自由についても非常に考えさせられる。主人公マルジはロックに傾倒している女の子。しかし、革命以降、イランでは、お酒を飲んでも逮捕されるし、ロックを聴いても逮捕されるのだ。規制が厳しく、人間の尊厳すら守られない窮屈な生活の中で、マルジの目線から自由とは何かを問いかける。

 日本でもアメリカでも自由が守られている国では想像もできない事だが、もし映画、音楽、煙草に酒、そういったものが法律によって絶対的に禁止されたらどう感じるだろう。ナタリー・ポートマン主演の『Vフォー・ヴェンデッタ』という映画では芸術というものが全て法律によって排除されたイギリスが舞台だった。芸術がなくても人々は生きていける。しかしわたしたちは美しく生きる事はできるだろうか。マルジはヨーロッパでの留学中にイランではできない経験をたくさんした。そして自己のアイデンティティに悩んだり、挫折を経験するものの、自分というものを見つけ出し、美しく生きようとする。そう、『ペルセポリス』は自由を手にし、美しく生きようとする人の物語なのだ。

 『ペルセポリス』はいわば監督マルジャン・サトラピの告白に基づく作品で、自虐的でもあり、観る人によっては、人に哀れみを乞っていると思う人もいるかもしれない。しかし、マルジャン・サトラピ自身が笑いこそが世界を救うと信じている様に、これは自分を慰める映画でも、人に哀れみを乞う映画でもない。マルジャン・サトラピの生きてきた波瀾万丈の人生は可笑しくも美しい。ただ激動の人生を送った人の映画ではなく、それをあえてコミカルに描いた事で、わたしたちは主人公マルジに、そしてマルジャン・サトラピの人生に共感してしまうのだろう。

岡本太陽

【おすすめサイト】 
Warning: file(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: file(http://www.beetle-ly.net/linkservice/full_nor/group73): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 83

 

File not found.