ファイナル・デッドブリッジ - 福本次郎

ホラーの定石を実践する見事な演出だった。(点数 60点)


(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC.

ガラス片、蛍光灯、ヤカン・・・・・小道具が客席に飛び出してくる
オープニングは、この作品で扱う素材が3Dという表現法と抜群の親和
性を持つことを饒舌に物語る。それは銃弾や矢といった非日常の武器
ではなく、身辺にあるありふれたものが突然凶器となって襲いかかっ
てくる恐怖。今回もスリル満載のアイデアに最後まで息の詰まる思い
だった。

【ネタバレ注意】

研修旅行に向かうバスでつり橋が崩落するビジョンを見たサムは、同
僚に退避を呼びかける。何とか8人が転落から逃れるが、しばらくして
生存者が次々と不可解な死を遂げていく。

工事中の橋にひびが入り、ワイヤロープが切れ、コンクリートが崩れ、
溶けだしたアスファルトが流れだし、手すりが湾曲する。巨大なつり
橋が少しずつ壊れるたびに人が落命していくシーンの時間的な広がり
はまさに現場を体験しているよう。先に死んだ者を見送りながら、次
は自分かとおびえながら逃げる、そんな登場人物の感情がリアルだ。

また、体操選手が事故死する場面では、水滴やネジ、コードなどが非
常に意味ありげに描かれる。いつ彼女がそれらの“危険を知らせるア
イテム”に触れるのか観客に予想させハラハラさせておいて想定外の
不意打ちを食らわせる手法も健在。凄惨な絶命シーンの連続は、スク
リーンから顔を背けたくなるけれど目は離せない、ホラーの定石を実
践する見事な演出だった。

福本次郎

【おすすめサイト】