ファイナル・デッドサーキット 3D - 小梶勝男

◆ファイナル・デスティネーション・シリーズ第4弾。サーキット場での事故をデジタル3Dで描く。アトラクション・ムービーとしては最高に楽しめた(80点)

 大事故で死ぬはずだった人々が、「死の運命」に襲われるファイナル・デスティネーション・シリーズの第4弾。飛行機事故、ハイウエイでの事故、ジェットコースターの事故に続き、今度はレース場での事故を、デジタル3Dで描く。監督は2作目と同じデヴィッド・R・エリス。

 友人のカップルと一緒にレース場でデートを楽しむニック(ボビー・カンポ)とローリ(シャンテル・ヴァンサンテン)。突然にニックは予知夢を見る。レースカーのクラッシュをきっかけに大事故が起こり、次々と人が死んでいく夢だった。慌てて周囲の何人かを引き連れてレース場を出るニック。その直後、惨事は実際に起こった。事故を逃れたと思ったニックたちだったが、「死の運命」は彼らを逃さなかった。予知夢で見た事故の順番通り、生存者たちが"偶然"の事故で死んでいく。死の連鎖は止めることが出来るのか。

 ストーリーは前3作とほぼ同じといっていい。冒頭に大惨事の映像があり、あとは生存者が一人ずつ、「事故」で死んでいくだけだ。そのシンプルさが良かった。変にストーリーを複雑にせず、様々な死に方をたっぷりと見せることに徹している。アトラクション・ムービーとして最高に楽しめた。

 レース場の事故は凄い迫力だ。サーキットに3Dキャメラを置いて撮影した場面は、これまでにない立体感。吹っ飛ぶネジや破片、飛び散る血飛沫、宙を舞う車。それらを3Dで臨場感たっぷりに味わえる。本作のデジタル3D表現は奥行きもあるが、派手に飛び出す場面が目立つ。「見せ物」としての3Dの効果が最大限に引き出されている。

 怒ったり、泣いたり、文句を言ったり、人生を語ったりしていた人々が、一瞬にして挽き肉状態の「物」と化す。死の意味など問われるヒマは全くない。残虐だが、余りの理不尽さに可笑しくなってくる。極端に即物的な死は見ていて痛快だ。スプラッター映画とはそれを楽しむものだろう。

 生存者たちの「殺され方」も工夫とバリエーションに富んでいる。洗車場やプール、自動車工場など、何でもない日常の場面で、偶然に偶然が重なり、予想不能の驚きの事故が起きる。日常性が一瞬に引っ繰り返されるのがスリリングだ。尖っていたり、刃がついていたり、危ない道具がガタガタと揺て、「これで殺されるのか」とハラハラさせるのもシリーズのお約束。結局、全然別の道具で死んで、「そう来たか!」とびっくりすることになる。

 これは好きな人が見ればいい映画だ。歴史にも残らないだろうし、傑作とも呼べないが、見たいもの十分に見せてくれる。その意味では満点と言っていい。スプラッター映画としての完成度は極めて高い。

小梶勝男

【おすすめサイト】