ヒーローショー - 福本次郎

◆お笑い芸人を目指していたのに、周囲に流される主人公が殺人事件に巻き込まれる中で、少しだけ成長していく過程がもどかしくも共感を呼ぶ。真剣に生きるというのは、みっともなくても汗を流して働く態度であることを学んでいく。(50点)

ネタバレ注意! この批評は結末に触れています。

 何をやっても中途半端な青年が、命の危険にさらされたときに初めて決然とする。それは人生と真摯に対峙すること。お笑い芸人を目指していたはずなのに、周囲に流されてしまい、その一方で新しい道に進むのは不安で仕方がない。そんな主人公が殺人事件に巻き込まれる中で、少しだけ成長していく過程がもどかしくも共感を呼ぶ。一種のストックホルム症候群の中で、彼は真剣に生きるのはみっともなくても汗を流して働き、愛する者のために闘うことをいとわない態度であると学んでいく。

 戦隊ヒーローショーのバイト・鈴木は、先輩にけがをさせた男たちからチンピラを使ってカネを巻き上げる手助けをさせられる。しかし、元自衛官のユウキらを助っ人に呼んだ男たちは逆にチンピラと先輩をリンチし、先輩は埋められてしまう。

 鈴木は身柄をユウキに預けられるが、目撃者なので解放してもらえない。ユウキは恋人のアサミと結婚しようとしていていて、子供に会いたいという彼女の願いを叶えるため、事故死した元夫の葬式に乗りこんでいく。ところが、そこで鈴木は彼らに協力する。鈴木にとってユウキは自分を監視し、殺すかもしれない男。それでもアサミとの将来に期待を膨らませるユウキに、“必死に生きる姿勢”を見る。逃げなかったのは2人の行く末に己の未来を重ね合わせていたからだろう。ユウキにできるなら自分もやり直せるかもしれない、鈴木にとってユウキは初めて出会った夢を託せる身近な人間なのだ。

 うだつの上がらない青春、凄惨な暴力、家族愛と友情。二転三転する展開は予断を許さない。だが映画はそれらをスピーディーに凝縮しようとはせず、登場人物の心情を丁寧に描いていく。さまざまな要素が絡み合っているが、結局、これは人は人と関わり合って生きていくしかないという物語なのだ。死の直前にまで追い込まれ、生の希望を間近に経験した鈴木は一皮むける。富士山を背景に一から出直しを誓う鈴木の姿がまぶしかった。

福本次郎

【おすすめサイト】