ハードロマンチッカー - 福本次郎

触れると切れるギラギラした肉体性は危うさと脆さの両刃の剣、狂気が正気とも思える感覚を見事に体現していた。(点数 40点)


(C)2011「ハードロマンチッカー」製作委員会

顔が腫れあがっても殴り続け、のた打ち回っても蹴り続ける。時に鉄
パイプや金属バットでぶちのめし、女でも手加減しない。喧嘩の強さ
がものをいう荒れ果てた町、己の腕力と度胸を頼りに生きる一匹狼。
その研ぎ澄まされた目はいつ暴走のスイッチが入るかわからない危険
を孕んでいる。映画はそんな主人公の殺伐とした日常に観客を放り込
み、まるで異邦人のごとく方向性不明の不安を味わせてくれる。

【ネタバレ注意】

下関のチンピラ・グーは朝高の不良をボコったために朝高グループか
ら追われる羽目になる。その後もトルエン売人などともトラブルを起
こすが、小倉のヤクザにスカウトされてクラブのマネージャーになる。

グーは在日朝鮮人でありながら日本人とつるんで朝鮮人たちと距離を
置いている。一方で日本人から信頼を得ているわけではない、地元の
不良コミュニティでは中途半端なポジション。ところが、グーは決し
てアイデンティティに悩んだりせず、ただ自ら火種を撒き、拳をふる
い鉄パイプを振り回して立場を悪くしていく。グーを演じる松田翔太
の、触れると切れるギラギラした肉体性は危うさと脆さの両刃の剣、
狂気が正気とも思える感覚を見事に体現していた。

だが、もう少し足元が不安定な若者のヒリヒリする痛みややり場のな
い怒り・不満といった感情を描きこんで何らかの主張をすべきなので
はないか。もしかして、メッセージのなさこそが、人生に希望を見い
だせない現代の閉塞感を象徴していたのかもしれないが。。。

福本次郎

【おすすめサイト】