ドライブ - テイラー章子

ハッピーエンドじゃないところも クールだ。(点数 75点)

監督:ニコラス ウィンデイング レフィン
キャスト
ドライバー  :ライアン ゴスリング
アイリーン  :カーレー ムリガン
雇い主シャノン:ブライアン クラストン
アイリンの夫 :オスカー アイザック
バーニーローズ:アルバート ブロックス
二ノ     :ロン パールマン

http://www.imdb.com/title/tt0780504/

【ネタバレ注意】

ストーリー
カルフォルニア。名もない映画のスタントマン(ライアン ゴスリング)は 運転にかけては誰にも負けない。
プロのレーサー並みの速さでスポーツカーを乗りこなし スタンドマンとして、どんな危険な運転でも怪我一つせずに 冷静にやってのける。その腕を買われて 時には強盗や犯罪者の逃亡を助けて そのアガリを受け取ったりもする。
どこの誰なのか、何をしてきた男なのか、彼の素性については誰も知らない。
ある日 ふらりと自動車修理工場シャノン(ブライアン クラストン)の店にやってきて、修理の腕前を見込まれて、そのまま働くようになった。
いつも無表情で 極端に口数が少ない。
しかし、よく働いて、まじめな男として、シャノンとの信頼関係はしっかり築かれていた。

ある日 このスタントマンは 自分のアパートに引っ越してきた 子連れの若いシングルマザー(カーレー ムリガン)に目を留める。
数日後 彼女が路上で 車をオーバーヒートさせて困っていたところを助けたことが契機で 母子と親しくなる。
5歳の男の子は 運転が上手で、もの静かな このスタントマンのことを大好きになる。
スタントマンは男の子に請われるまま運転してやったり 遊んでやるようになっていく。
しかし、アイリーンの夫(オスカー アイザック)が 刑務所から刑期を終えて 帰ってくる。帰ってきた夫を見ても 若い妻の心はすでにスタントマンに移っていて、妻はもとの夫に 自分の心をもどすことができない。

夫の存在ゆえに、スタントマンもアイリーンも互いの気持ちを伝えることが出来なくて、苦しむ。
そんなある日、アイリーンの夫が 襲われて半死状態に遭った。
襲ったのは、スタントマンに 強盗や犯罪人の逃亡を助ける仕事をいつも依頼してくるイタリアマフィアたちだ。
話を聞いてみると、アイリーンの夫は イタリアギャングに利用されて 他人の代わりに刑務所に入って代償金をもらっていた。
アイリーンは何も知らない。

スタントマンはまた 質屋に強盗に入った犯人の逃亡を助ける仕事を依頼される。
今回の強盗は、アイリーンの夫と ブランコという名の女性の二人だ。
スタントマンは二人の強盗が金を持って出てくるのを店の前で待っている。
女が奪った大金の入ったバッグを持って 車に乗り込む。
次いでアイリーンの夫が質屋から出てきたところで、予想外のことが起る。
彼はあっけなく撃ち殺され、それと同時に他の車がスタントマンたちの車を追ってきたのだ。
逃げ切って スタントマンは金の入ったバッグを信頼できる 雇い主のシャノンに預ける。
しかし女は襲われて撃ち殺され、スタントマンは ギャング達に執拗に追われる。

スタントマンはアイリーンに事情を話し、一緒に来てもらいたい、一生母子を守って暮らしたい と申し出るがアイリーンにはどうしてよいのか わからない。
そうするうちにも追ってが迫る。
金を預けたシャノンが殺された。
シャノンはイタリアギャング達も、スタントマンをも欺いて 金を独り占めしようとしていたのだった。
スタントマンは シャノンを襲ったイタリアギャングに復讐する。
しかし、自分も致死的な怪我を負う。
アイリーンはスタントマンについて来ない。
ひとりきりになってしまったスタントマンに もう金など意味がない。
ひとりきり、また どこかに運転していくだけだ。
というお話。

テイストが 懐かしのカウボーイ映画「シェーン」、、、あのシェーン カムバックに似ている。
クールなハードボイルドだ。
男は愛してしまった女と ベッドを共にしない。
だからこそ、最後に一緒に付いてきてくれ と女に言う言葉が際立って生きてくる。
決断できないでいながら、愛している女の純真が痛々しい。
ストーリーをみると、ハードボイルドの男の姿が浮かび上がってくるが この映画のおもしろさは、主役をライアン ゴスリングにしたところにある。
優しい顔、およそ暴力をふるう姿が想像できない良い人の典型みたいな役者だ。
痩せ型で胸の筋肉が ついているわけではない。
ニコラス スパークス作、ラッセ ハルトレム監督の「きみに読む物語」で、アルツハイマーで夫や子供もわからなくなった妻のために毎日物語りを読んで聞かせる夫を演じて、世界中の女達を泣かせて味方にしてしまった。
彼が哀しそうな顔をしていると飛んでいって 抱きしめてやりたくなる。
そんな男がクールに 悪者をやっつけて女と子供を守る。

作品がデンマーク人の監督によるものなので、ちょっとハリウッドのハードボイルドとはテイストが異なる。
音楽は ダイナモフォンとエレキギターを使ったエレクトリック ポップだ。
そんな音楽をバックに、夜のロスをひとりきり運転するライアン ゴスリングは ひどく孤独にみえる。
ハッピーエンドじゃないところも クールだ。

テイラー 章子

【おすすめサイト】