スリープレス・ナイト - 小泉浩子

四つどもえのコカイン争奪戦! ノアールとアクションの融合が見事です。(点数 85点)
  


(C)Chic Films – PTD – Saga Film

実生活では、殴ったり、殴られたりする機会は少ないから、(あったら怖いけど)、テンポのいいアクションものって、好き。
 
実生活では、シンプルな方がいいけれど、映画は細かく伏線が張られ、大どんでん返しの数々が好き。
 
ダブルのアイスクリームみたいに、そんなふたつの要素が楽しめるのが、本作です。 
 
車が襲われ、大量のコカインが強奪されます。犯人は、なんと! ふたりの刑事。

ドラッグの転売を企んだ犯行でしたが、首謀者の刑事・ヴァンサン (トメル・シスレー)は、腹部を刺され、傷を負ってしまいます。

その直後、別れた妻から「一人息子のトマと連絡がとれない」という電話が入って……。

早くもハリウッドリメイクが決定したノンストップ・アクションです。
冒頭から、ガンガン飛ばします。しかも、ノアール風味がたまりません。

ヴァンサンの素性がばれ、コカインの持ち主であるマフィアにトマを人質としてとられます。

交換条件は、コカインの入ったバッグを返すこと。

ヴァンサンは、マフィアが経営するクラブへ向かいます。

ほとんどがクラブでの追いかけっこであり、だましうちや撃ち合い、殴り合いです。

閉ざされた空間でのアクションに次ぐアクション。しかも、テンポがいいから、息つく暇も無いくらい、ドキドキします。

コカインを盗まれたマフィア。マフィアとコカインの取引をしようとしていた別のマフィア。
ヴァンサンを尾行していた女性麻薬捜査官。

それらが、ヴァンサンを追ってきます。三つどもえならぬ、四つどもえです。

客でひしめいているクラブという限られた場所で、いかに相手を出し抜き、無事に息子を救出するのか。

家庭を顧みなかっため、息子とはうまくいっていないヴァンサンが、ケガの痛みに耐え、息子を取り戻すために、頑張る姿が心を打ちます。
 
父さん、けなげです。

ヴァンサンと一緒に眠れない一夜を過ごしているかのようで、心地よい疲れで迎えるラストでは、ほっとするハズ。

アクション大好きで、どんでん返しが好きな方に、特にお薦めです。

小泉 浩子

【おすすめサイト】