スペル - スタッフ古庄

◆おったまびっくり懐かしのホラー(88点)

 まず、今回の教訓を一言、「お年よりは大切に・・・」ですね。。。

 きっかけは、些細な不親切・・・

 銀行のローンデスクに勤めるクリスティンは、ある日、自身の昇進を意識するあまり、老婆のローン返済延期の申し出(3度目)を断ってしまう。。

 このことを逆恨みした老婆――。

 深夜・・・なんと、クリスティンに呪いをかけるべく!暗闇からぬぅぅ?っっと登場!!!

 (ヒッ!!!)

 驚きに身がすくむ間もなく、立て続けに・・・!!!

 入れ歯攻撃!! 痰攻撃!!

 (おえぇぇ。。。)

 (入れ歯も、痰も凶器になるんですねぇ。。)

 老婆ならでは(?)の攻撃法でクリスティンを追いまくる!!! 追いまくる!!!(汗;)

 映画史上最強(!?)の婆さんと死闘の3日間が、、、ここからはじまるのでしたー・・・。

 恐いというよりは・・・とにかくビビるッビビるッ!!!

 何度お尻が浮いたかわからない!(笑;)

 っと。。。しっかり驚いた私が言うものなんなんですが、、恐がらせ方は、典型的というか、古い。。。

 お婆さんの頭に鉄の塊が落ちてきて、両目がビューッと、飛び出るとか(笑)

 しかし、これが良いのです♪(笑)ヒッ!!! と驚いたあとに、ふっ。っと笑いを誘うんですよ!

 観客を本気で恐がらせたいのか、笑わせたいのか、全くわからないつくりですが(笑)、この不思議なB級テイストは癖になりそうです♪

 あと、ホラーではつきものの、グロシーン。コチラも、血肉飛び散るシーンに、うぇぇぇー・・・。。というよりは、

 お婆さんの唾液が糸を引く入れ歯で噛まれたり、お婆さんの黄緑色の痰を喉に流し込まれたり・・と・・・

 (プルプル。。。)

 生理的に受け付けないグロシーンが満載です!(汗;)

 しかも、これ↑を、本題の呪いをかける前から、生身の婆さんとクリスティンがやりあっているので、スゴイ。

 お婆さん・・呪いの力を借りるまでもなく・・・十分、自分の力でやれたよ。。っと突っ込みを入れたくなりますが、ここもまた笑いのポイントだったのでしょう(笑)

 と、こんな感じで・・・

 ほんの些細なこと(気持ち)から、「いつ、どこで誰から恨みをかうか分からない」「それが逆恨みってこともある」ということに現実的恐怖を感じさせられながら・・・

 驚きと笑いと気持ち悪さをゴチャ混ぜに、あっという間の99分!! エンターテイメントとしてすばらしいデキ!!! だったと思います♪(私は。笑)

 ただ、要注意なのはやはり。。。【心臓の弱い方】&【潔癖症の方】です! ※とてもオススメできる内容ではないです(笑;) 下手すると怒りさえ覚えるかもしれません。。

 ですが、、私としましては、是非とも「いかなるときも親切心を!」という教訓のもと、この恐怖を擬似体験していただきたいですね♪(笑)

スタッフ古庄

【おすすめサイト】