スクリーム4 - 福本次郎

恐怖を味あわせるより観客の虚を衝いて驚かせる安易なもの。(点数 40点)


(C)2011 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

突然の大音響をバックにゴーストフェイスが飛び出してくる。刃渡り
30センチほどの大きなナイフを振りかざし、逃げ遅れた若者は凶刃に
突き刺され絶叫と共に息絶えていく。そんな中、ホラー映画のカルト
クイズで映画ファンのトリビアを刺激しつつ、過去の映画のセオリー
を次々と崩していく設定が新鮮だ。ところがその過程は、鳥肌が立つ
不気味さや目を背けたくなるおどろおどろしさ、背筋が凍る怖さとは
無縁で、恐怖を味あわせるより観客の虚を衝いて驚かせる安易なもの。

【ネタバレ注意】

世間を騒がせた連続殺人事件の生き残り・シドニーは、体験を元にし
た小説で売れっ子作家となっていた。彼女が本屋でサイン会をしてい
るころ、小説の状況を彷彿させる女子高生惨殺事件が発生する。

2人の少女がダベっている部屋に何度も怪しげな電話がかかり、彼女た
ちが脅えた末に血しぶきをあげるプロローグをしつこく繰り返すこと
で、どういう展開が待ち受けているのか期待させる。だが本編に入る
と、電話での殺人予告の後にゴーストフェイスが現れるお決まりのパ
ターン。さらに数人の犠牲者が出て、犯人像がますます絞りきれなく
なる。

この手の作品にディテールの矛盾を指摘するのは野暮。それでも唐突
に訪れる「謎解き」シーンにはあいた口がふさがらない。主要な登場
人物が一堂に会したところでゴーストフェイスが正体を見せるのだが、
予想外というよりあまりの強引さに言葉を失った。。。

福本次郎

【おすすめサイト】