ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界 - 小泉浩子

少女たちの友情のみずみずしさにうっとり! エル・ファニングが可愛すぎますっ! (点数 90点)


(C)BRITISH FILM INSTITUTE AND APB FILMS LTD 2012

エル・ファニングを知っていますか? 

言わずと知れた元祖美少女・ダコタ・ファニングの妹です。姉のダコタは、ショートカットの似合う美少女でしたが、エルはロングヘアの似合う美少女。

かわいらしさだけでなく、色気もあるけれど、あくまでもさわやか系で、男性だけでなく、女性からも愛される万人向けの美少女なのです。

そんな彼女と本作で幼なじみを演じるのは、アリス・イングラート。コリン・イングラート監督とジェーン・カンピオン監督を両親に持つバリバリのサラブレッド。

このふたりの少女の共演が、心にしみる作品になっています。

冷戦時代に突入した1960年代のロンドン。

ジンジャー(エル・ファニング)とローザ(アリス・イングラート)は、同じ病院のお隣同士のベッドで生まれ、幼なじみとしてずっと一緒に育ちました。 

ヘアスタイルもファッションも同じふたりは、親のように欲求不満な家庭生活だけは送りたくないと、ヒッチハイクをしたり、男の子と遊んだり、たばこやアルコールを試し、青春時代を謳歌していました。

しかし、ジンジャーが、自由奔放なローザについていこうとムリをしても、なかなかうまくいきません。

ふたりの間に少しずつ、溝ができはじめていきますが……。

いつも一緒だったはずなのに、考え方は少しずつ変わっていく。大好きなのに、いつまでも一緒にはいられない。

成長するということは、いつまでも同じ場所に留まってはいられないということです。

さらに、ローザのある行動がジンジャーとの仲を徹底的に壊します。
そのことを赦すことができるのか?

少女から、大人になり、ありのままを受け入れようとするジンジャー。
彼女の姿に共感して、ウルウルしてしまう方も多いハズ。

大好きな友達と少女時代を過ごし、いつしか疎遠になってしまった。
そんな経験がある女性は、懐かしさとほんの少しの心の苦さを感じてしまうかも。

本作を見終わったあと、久々に懐かしい友達に連絡をしたくなっちゃいますよ、きっと。

小泉 浩子

【おすすめサイト】