ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編 - 佐々木貴之

◆フレンチギャング映画ならではの痛々しい描写(75点)

 フランスの伝説的ギャング=ジャック・メスリーヌの壮絶な生涯を描いた二部構成からなる作品の第一弾。ジャック役は、ヴァンサン・カッセル。監督は『アサルト13 要塞警察』のジャン=フランソワ・リシェ。

 本作ではジャック・メスリーヌが犯罪に手を染め、チンピラギャングから社会の敵No.1になるまでを描く。

 民家での強盗に始まり、銀行強盗、殺人、脱獄と悪事を働く。妻との間に子供が産まれたことから一度は正業に就いて堅気に戻るが、会社の事情で解雇されてしまってからは再びかつての仲間とともに悪の道に戻ってしまう。しかも、忠告する妻に暴行を喰らわせてまでだ。このような日本の任侠ヤクザ映画テイストも印象的だ。

 フランス映画である本作は、かつてのフレンチギャング映画ならではの痛々しい描写がしっかりと味わえるのが好ポイントだ。ジャックがムショで看守から喰らわされるリンチシーンは、70年代女囚映画や松方弘樹の『脱獄・広島殺人囚』、『暴動・島根刑務所』、『強盗放火殺人囚』の“ムショ三部作”を思わせる。とにかく酷な描写に仕上がっている。続く脱獄シーンは観る者を釘付けにさせるほどであり、緊張感がしっかりと伝わってくる。ジャックが脱獄したムショに舞い戻って仲間を解放するという危なっかしく思えるシーンでは、銃撃戦やパトカーの爆破炎上といった見事なアクションが観られる。

 ジャックの華やかな女関係も印象深く、ちょっとしたエロスシーンも見所の一つだと言える。

佐々木貴之

【おすすめサイト】