ザ・ウォード/監禁病棟 - 福本次郎

ベタな演出はアリスが次にどこに現れるかを予想させ、その期待を決して裏切らない。(点数 40点)


(C) 2010, Chamberlain Films, LLC. All rights reserved.

悪意と怨念に満ちた暗く長い廊下、死者の悲鳴が張り付いたような陰
鬱な壁、そして猜疑心をたたえた職員の目。いまだ拘束や電気ショッ
クなどの非人間的な治療が一般的に行われていた’60年代の精神病院、
中でも特に管理の厳しい“制限区域”に収容された患者の目に映る、
閉ざされた空間の描写がリアルだ。“自分は正常だ”と医師やスタッ
フに強く訴えるほど異常性が強調される逆転の世界、ヒロインは隠ぺ
いされた過去を探るうちに恐るべき真実を知る。幻覚と現実の境が曖
昧になり意識が混乱していく過程は、やはり彼女が正気でないことを
予感させる。

【ネタバレ注意】

一軒家に放火し逮捕されたクリステンは精神病院に保護される。そこ
には彼女の他に4人の入院患者がいたが、いつの間にか1人また1人と人
数が減っている。さらに亡霊の影がちらつきだす。

アリスと呼ばれる亡霊は入院患者に恨みを持っているらしく、次々と
彼女たちを血祭りにあげ、やがて魔手はクリステンにまで伸びてくる。
ところが、アリスに殺された患者の死体はどこにも見当たらない。し
かもアリスは神出鬼没でクリステンの予期せぬ場所・タイミングで襲
い掛かってくる。

そんな、あまりにもベタな演出はアリスが次にどこに現れるかを予想
させ、その期待を決して裏切らない。そもそもクリステンが精神に異
変をきたしている設定自体が、この映画のオチを予感させるのだが。

福本次郎

【おすすめサイト】