コンタジオン 接触感染 - テイラー章子

スリリングだ。だから映画を観ることが止められない。(点数 90点)

新作映画「CONTAGION」、「コンタジオン 接触感染」を観た。

監督:スティブン ソデルべグ
キャスト
夫 ジョン:マット デイモン
妻べス  :グエネス パスロウ
娘    :アナ ヤコビ へロン
ジャーナリスト アラン:ジュード ロウ
WHO ドクターオランテイス:マリオン コテイラルド
CDC ドクターミアズ:ケイト ウィンスレイ
CDC ドクターシーバー:ローレンス フイッシュバーン
http://www.imdb.com/title/tt1598778/

【ネタバレ注意】

1960年代の映画「渚にて」では 放射能で人類が滅亡し、「猿の惑星」では伝染病で地球は 猿に乗っ取られる。
1970年代の「タワーインフェルノ」では 最新テクニックで建設された高層ビルが焼け落ち、「ポセイドン」では 沈まないはずの豪華船が沈み、「デイープインパクト」では、彗星が地球に衝突して人類が破滅するはずだった。
人は デザスター(大災害)映画が大好きだ。
大災害が起った時に 自分ならどうするか、想像力をかきたてられるし、疑似体験を通して、学ぶことも多いからだ。

医療現場にいるから、自分がもし現役で死ぬことがあったら、きっと職場からの感染で死ぬだろうと思う。
原因が細菌だとするなら、抗生物質が効かない耐性菌の蔓延は、深刻な事態にある。
細菌よりも小さなプリオンやウィルスでは、狂牛病も鳥インフルエンザも豚インフルエンザも、なかなか手ごわい。
病院関係者は 最前線に居る戦場の歩兵のようなものだ。
毎年、ただでさえ インフルエンザウィルスで1万人の死者が出ている。
1918年の「スペインかぜ」では、致死率1.74% 48万人の死者が出た。
1968年の「香港かぜ」では致死率0.15%で7万8300人が死亡。2009年の豚由来新型インフルエンザの致死率0.2%で約8万人が死亡した。毎年、ウィルスの形を変えて人々を襲うインフルエンザや、新型の病原菌の出現は脅威としか言いようがない。
そんなときにウィルスの遺伝子が 突然変異によって猛毒化してモンスターのように今までにない感染力をもったウィルスになって 秒単位で伝染したらどうなるか。映画が教えてくれる。

ストーリーは
べス(グエネス パスロウ)は二人の子供のお母さん。
子供と夫のジョン(マット デーモン)を家に置いて 香港に出張に行っていたが、シカゴ経由で家に戻ってきた。
風邪をひいたのか 咳をしていて調子が悪い。
帰ってきた翌朝 台所で突然倒れて、病院に運ばれて間もなく死亡する。
医師に急性の脳脊髄膜炎で亡くなりました と言われても その朝まで元気で若く美しかった妻が死ぬなどということが 全く夫には信じられない。
しかし、病院から帰宅途中で 何と言うことか 今度は息子がべッドのなかで死亡していたという知らせが入る。
ジョンは一晩のうちに、妻も息子も失ってしまったのだった。

一方 べスが滞在していた香港で、また彼女が経由したシカゴで 次々と風邪症状から脳脊髄膜炎を起こして死亡する患者が続出していた。
翌日には東京で、中国で ロシアで 世界中にウィルスが恐るべき速さで伝播して死亡者が増える一方だった。
世界保健機構(WHO)が 動き出す。
アメリカではアトランタのCDC(感染センター)が対策の指揮をとることになった。
この強力なウィルスは 接触によって感染する。
感染、発症後の致死率は40%、恐ろしい速さで接触感染する。

最初にアメリカにウィルスを運んだのは べスと思われる。
感染源を断定するためにWHOから ドクターーオランテス(マリオン コテイラルド)が香港に派遣される。
しかし香港の 病原ウィルスの伝播状態は最悪だった。
数万人の死者が 次々と集団埋葬されている。空港は安全ではない。
調査を終え、ジュネーブに帰ろうとしたオランテスは 伝染対策部長とその武装した面々によって 無理やり感染から遠く離れた寒村に保護される。
CDCのドクターミアズ(ケイト ウィンスレイ)は、感染者を各地の学校の体育館などに隔離、収容する仕事に追われている。
安全対策は 万全にしていたはずの彼女も、汚染されていたホテルで感染してしまい、倒れる。
街中が騒然としている。
銀行もゴミ回収も食品の購買も通常のようには もう機能しない。

ジャーナリストのアラン(ジュード ロウ)は CDCの対策本部が 感染予防のための血清ワクチンの抽出に手間取っているのは 巨大医薬品会社が これを機会に利益を出そうとしているからだ と訴えて、自ら感染し、自然療法で治癒したことをインターネットで発表する。多くの支持者が出てきた。
その一方、待ちに待った予防ワクチンができ それを人々が奪う。
ワクチンのために軍隊が出動しなければならない。
生存者のあいだで、ワクチンや食料を奪い合うことが 日常化してしまった。ジョンは娘を感染から守ろうとして、、、。
というおはなし。

なかなかリアリテイがある。
出演者の豪華なこと。それぞれの役者が 主役級の役者ばかり。
そういえば、「タワーインフェルノ」も、フェィ ダナウェイ、ステーブン マクイーン、ポール ニューマン、ウィリアム ホールデン、ロバート ボーン、ジェニファー ジョーンズ、フレッド アステアなどなど、豪華俳優てんこ盛りの映画だった。
主役も端役もなく、それぞれの人々が自分の立場で緊急事態に真剣に取り組んでいる。緊迫感があって、良い。

残されたジョンと娘がとても良い味を出している。マット デーモンは責任感の塊のようで、何が何でも娘を守るお父さん役が適役だ。
娘役のアンナ ヤコビ へロンは13歳くらいだろうか、けなげに父親の命令に従って生きようとする。
このくらいの大人になりかけた頃の子供達は 独特の美しさをもっている。
また、医療従事者たちが 自分も父親であり妻であり娘なのに、人々の命を救うために懸命に働く。
限られた予防ワクチンを 誰を優先に打つのか。迷いながらも医道を外さないところにも、好感が持てる。
人が何によって生き、誰のために命を捨てられるか。
限られた人だけが生き残れるとき、自分にはどんな選択があるのだろうか。
いろいろな問いがあり、いろいろな答えがある。
スリリングだ。
だから映画を観ることが止められない。 

テイラー 章子

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=NWxQdaA0wUlnrHzwCiehoJXicPFjMbvNDTFyciHptDLnGLvsE1grIO89aZ7p5Nj3h4Svdi8Bi5U4Fo7e6YeyvA%3D%3D&prvtof=KQ2d6f5traFWO6Ot7kqcyZvwWCI788vIaQThyZtl2Ws%3D&poru=ZPzOqrabsg6JHyb7eU9IPhkzNGGxeDt9oIr%2FR86hvnhg15bG0BhfuYRJXX%2B9LgwFA0FNrVb8L5t1GL5se11leg%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.