クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード - 前田有一

◆邦画で1番面白いんじゃないか?(70点)

 笑いすぎ。笑い疲れる。88分と短いが、あと15分短くしてくれ!といいたくなる。

 というのも今回のクレヨンしんちゃんは、ギャグに徹した作りになっているのだ。水島監督は、今まで主に劇場版の予告編や、ギャグシーンのコンテを描いていた人で、いわばクレしんギャグのスペシャリスト。彼の繰り出すギャグは当然の事、爆笑保証付きなのだ。

 ところでマスコミ試写というのは、普通オジサンたちを中心に、どう考えてもこういう映画をみるはずのない客層がやってくる。

 その映画のプロのオジサンたちが、みさえの尻が通路に挟まるシーンで、我慢できずに吹き出していた、というのは、特筆すべき点であろう。無論、私などは大爆笑で、終わった後の移動中の日比谷線の電車内で、不覚にもそのシーンを思い出してしまい、笑いが再発して止まらなくなった。くれぐれも、変態だと思われないよう、皆さんは気をつけていただきたい。

 そんなわけで、これまでは笑って泣かせるというのが、クレしん映画のパターンだったが、今回は直球のギャグ映画として、泣きは期待せずに行くといい。泣きが無いのは物足りないという向きもあろうが、私はこの映画のギャグ部分だけで、70点をあげたい。

 ハイスピードの自転車チェイスや、ヘリ対ジェットコースターなど、映画版ならではの見せ場もある。ゴールデンウィークの子供アニメとしては、屈指のオススメである。

前田有一

【おすすめサイト】