カフェ・ド・フロール - 小泉浩子

ジョニデの元妻・ヴァネッサの演技に涙っ!(点数 90点)


(C)2011 Productions Cafe de Flore inc. / Monkey Pack Films

タイトルを見て、カフェでのお話だと思っていました。カフェで出会うカップルの甘い恋物語かしら? それとも、波瀾万丈の群像劇?

ええっと、どれも違っていました。

これは、マシュー・ハーバートの名曲のタイトルでヴァレ監督のお気に入りだとか。

この曲が、ふたつの異なる時代と場所の登場人物たちを結びつけています。

1960年代のパリでは、美容師のジャクリーヌが、女手一つでダウン症の息子を育てていました。『カフェ・ド・フロール』は、息子・ローランのお気に入りの曲なのです。

現在のモントリオールでは、40代のアントワーヌが、一目会った瞬間に強い絆を感じたローズと熱烈な恋に落ちていました。運命の相手と思って結婚した妻・キャロルとは、ふたりの娘をなしながらも、どうしようもなくローズに惹かれていたのです。

音楽には、人生を変える力があると信じているアントワーヌのお気に入りも『カフェ・ド・フロール』。

シングルマザー・ジャクリーヌ役のヴァネッサ・パラディがものすごく光っています。

近年は、ジョニデの元妻という扱いが否めませんでしたが、息子のために体も命も張る肝っ玉母さんを大熱演です。

突き抜けたような鬼気迫る演技にドキドキして、涙が止まりませんでした。

深く結びついた魂は、時空を超え再び寄り添うのか。運命の相手は最初から決まっているのか。運命を変えることは不可能なのか。

スピリチュアルな側面も含めつつ、命題が突きつけられます。

意思があれば何でもできるし、赦すことの素晴らしさを感じずにはいられない作品です。

人生は捨てたものじゃないと実感できます。

今、何かに悩んでいる人にぜひ見ていただきたい作品です。少し、心が軽くなるハズ。

小泉 浩子

【おすすめサイト】