インセプション - スタッフ加納

インセプション

© 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

◆実際にあるとしたら、一度は体験してみたいかも!?(85点)

 「ダークナイト」などを手掛けた、クリストファー・ノーラン監督・脚本・製作で、10年程前から、構想を練って完成された作品だそうです。

 ホルヘ・ルイス・ボルヘス著「伝奇集」の短編“The Circular Ruins(円鐶の廃墟)”や“The Secret Miracle(隠れた奇跡)”から着想を得たそう。

 それにしても、こんな複雑で奥深いストーリーを造ったのは「すごい!!」としか言いようがないですっ!

 簡単にストーリーを説明しますと・・・(非現実的で複雑なので、頭を柔軟にしてくださいねー♪)

 主人公のドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、人の夢(潜在意識)に入り込んで、その人のアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイ。

 その飛び抜けた才能ゆえに、最愛の妻を失ってしまい、さらに妻殺害の容疑をかけられてしまったコブは、国際指名手配犯となってしまいます。

 唯一の家族である子供達に会いたいが、会えない辛さを抱えていたコブ・・・。

 そんなコブの元に、ある日、強大な権力を持つ大企業のトップであるサイトー(渡辺謙さん)が仕事を依頼してきます。

 依頼内容は、ライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるようアイディアを“植えつける(インセプション)”をするというモノ。

 極めて困難で危険な内容に、一度は断るのですが“もし成功すれば、犯罪歴の抹消をする。そうすれば子供達に会えるぞ”という条件をのみ、仕事を引き受けます。

 インセプションを成功させる為、強力なメンバー計6人を集め、ロバートの滞在意識へ入り込みます。

 無事にインセプションを成功することができるのか!?

 と、こんな感じです。意味がよく分からないと思いますが、詳しくお伝えしてしまうとネタバレになってしまいますので、詳しくは観てくださいね(汗;)

 本作は、予告でも、どういう内容なのかが分からなかったので、「面白いのかなぁ」と楽しみな気持ち反面、不安だったのですが・・・

 「観てよかった~♪」と素直に思います!

 あと、滞在意識の中なので、現実では決してありえないようなことが起きるので、面白かったです♪

 無重力の中での戦闘シーンや、道路が折れ畳まれたりとか♪

 本作は、映像を楽しんで欲しいので、迫力度が増す、大スクリーンで観ることをぜひ、オススメします!

 今回映画ジャッジさせて頂きました、

  『インセプション』♪

 “観てみないと、分からない面白さだから、とりあえず観て欲しい!”ですっ♪

 かなりオススメです♪

スタッフ加納

【おすすめサイト】