アクシデント - 福本次郎

もはや自身の判断にも自信が持てなくなっている様子がリアルだ。(点数 50点)


(C)2009 Media Asia Films(BVI)Ltd.All Rights Reserved.

偶然なのか必然なのか、一度芽生えた疑念は男の心を切り苛み、仲間
への信頼を蝕んでいく。真実は探せば探すほど遠ざかり、暗雲は制御
できないほどに大きくなっていく。事故に見せかけた謀殺を生業とす
る“仕事人”たちが、ある一言がきっかけで自滅していく様子が、ジ
リジリと炙られるような不快感を伴って描かれる。裏切り者が誰かは
わからず、信じられるのは己だけ。いや、もはや自身の判断にも自信
が持てなくなっている様子がリアルだ。

【ネタバレ注意】

4人組の殺し屋グループは車いすの老人を感電させて殺す。ところが、
仲間の1人が暴走バスにはねられて落命したことから、リーダーのホー
は情報漏れを疑い始める。

プロローグ、ターゲットを細い路地に誘い込み、あくまで事故死を偽
装するホーたち。あまりに手の込んだ仕掛けは不確定要素が多すぎ、
だれも故殺とは思わない。老人の暗殺も雨中電線にひっかけたタコ糸
に触れさせようというもの。当然、万全を期した計画は何度も延期を
余儀なくされ、ホーたちは何夜もひたすらチャンスを待つ。だからこ
そ予定外の出来事に、逆に狙われているのは自分たちではないかとい
う邪念にとらわれていく。殺し屋の身の上に起きる不運が偶然である
はずがない、危険を察知したホーは反撃を試みる。

孤立無援の中、自己増殖した妄想に押しつぶされていくホーの焦りと
いら立ち、その息苦しいまでの心理状態が丁寧に掬い取れていた。

福本次郎

【おすすめサイト】