映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


公開予定|監督図鑑 - 映画批評なら映画ジャッジ!

kantoku

映画ジャッジでは、今度監督図鑑という映画監督のインタビュー記事を掲載していく予定です。

この映画の批評を読む »

クリード チャンプを継ぐ男 - 小泉浩子

『スターウォーズ』もいいけど、『ロッキー』もねっ!(点数 100点) 


(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

「クリード」という単語を聞いて、ドキドキしなければ、ロッキーファンとはいえないでしょう。

そう、ロッキーの好敵手で親友のアポロの名字なのですから。

二人の友情、そして別れに涙した方も多いハズ。

この映画の批評を読む »

OK Darling - 小泉浩子

インド発の青春映画。もちろん歌も!(点数 95点) 


(C)Madras Talkies

10月22日から、31日まで開催された『第28回東京国際映画祭』。
たくさんの映画が楽しめる祭典でした。

本作は『ボンベイ』の巨匠・マニラトナムの新作で、『ワールド・フォーカス』に出品された青春映画。

この映画の批評を読む »

ザ・ウォーク - 青森 学

損得勘定では動かない、純粋に夢を追う人間の狂気と崇高さが垣間見える作品(点数 88点)

ワイヤー・ウォーカーという軽業師が居る。
高所にロープを張って渡る“綱渡り”を職業とする人たちだ。
その昔、今は亡きワールドトレード センター(ツインタワー)に綱を張り渡った軽業師フィリップ・プティ(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)が居た。
この作品は彼が訪米しツインタワーを渡る夢を叶えるまでの半生を描いている。
この目的の実現のためにプティは様々な人たちの協力を仰いでいる。
これはプティとその“共犯者”の軌跡を追った物語である。

この映画の批評を読む »

I Love スヌーピー THE PEANUTS MOVIE - 青森 学

四コマ漫画とはまた違ったテイストのピーナッツが楽しめる一品(点数 90点)


(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. PEANUTS (C) Peanuts Worldwide LLC

この作品にはスヌーピーが主人公になって、レッド・バロンと空中戦を繰り広げる想像の世界と、チャーリー・ブラウンが赤毛の女の子に想いを寄せる恋愛譚の2軸のストーリーがあって、スヌーピーの冒険譚にはアクションが主の子供向きのエピソードになっているが、チャーリー・ブラウンの物語は人生の教訓に溢れて大人には特に共感するストーリーになっている。

この映画の批評を読む »

わたしに会うまでの1600キロ - 樺沢 紫苑

なぜ、そんな苦難に挑戦するのか?!(点数 90点)


(C)2014 Twentieth Century Fox

「おもしろい映画は、少ない」と思う人は多いでしょうが、
決してそんなことはありません。

おもしろい映画は、結構あります。

ただ、その作品が日本で公開されるかどうかわからないし、
公開されたとしても、
シネコンで長期に公開されることはありません。

この映画の批評を読む »

マイ・インターン - 樺沢 紫苑

年をとるって素晴らしい!!(点数 100点)


(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

あなたは、「年をとる」ことに、
どういうイメージを持っていますか?

年齢ごとの幸福度のある調査によると、
日本人は15歳の幸福度が最も高く、
幸福度は年齢とともに低下してきます。

一方アメリカでは、40歳頃の幸福が最も低く、
それ以後は年齢ととも幸福どが上昇していくのです。

この映画の批評を読む »

シネマの天使 - 小泉浩子

映画館が主役(点数 95点) 


(C)2015 シネマの天使製作委員会

実際に閉館していく映画館をフィルムに残したいという強い意志からうまれた作品です。

本作の撮影舞台は、広島県福山市にあった日本最古の映画館「シネフク大黒座」。なんと! 122年続いた映画館なんです。

営業風景から、壊されていくところまで、すべてが描かれ、ラストでは、涙がとまりませんでした。

この映画の批評を読む »

起終点駅 ターミナル - 中野 豊

生きるとは食べること。昭和気分でみられる桜木紫乃原作の映画化です (点数 80点)


(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

北海道の旭川で裁判官として働く完治(佐藤浩市)のもとに、学生時代の恋人だった冴子(尾野真千子)が覚醒剤所持の罪で被告人として現れますが、彼女には執行猶予付きの判決をくだす完治。その後完治は、冴子が働くスナックに通い逢瀬を重ねます。

この映画の批評を読む »

ベトナムの風に吹かれて - 中野 豊

竜宮城はベトナムにあったのです。 (点数 65点)


(C)「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会

認知症の現実とベトナムの市井をみせる大森一樹監督の新作。
ベトナムのハナイの町に流れる日本語ラジオ放送からはじまる本作は、近年量産されている認知症患者の現実にベトナム文化を交えた興味深い一篇となっています。

この映画の批評を読む »

ドローン・オブ・ウォー - 小泉浩子

『ガタカ』の名コンビ、再びっ! 『ドローン・オブ・ウォー』(点数 90点) 


(C)2014 CLEAR SKIES NEVADA, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

「ドローン」という単語を耳にする機会が多くなりました。
でも、そもそも「ドローン」ってなんなのでしょうか? 
実は、「無線操作によって飛行する無人機」のことなんです。

災害発生地での現状調査や荷物の配送、個人の趣味から商業レベルでの動画撮影などさまざまな用途が想定され、これから莫大な経済効果が見込まれているのだとか。

でも、こんな風に使われているなんて、知りませんでした。
 

この映画の批評を読む »

シネマの天使 - 青森 学

消えゆく映画館の哀惜と郷愁を描き切った傑作(点数 100点)


(C)2015 シネマの天使製作委員会

広島県福山市に実際にあったシネフク大黒座が2014年8月に閉館するその数日間を基に描いたセミフィクション。
ストーリーには石田えり、ミッキー・カーチスに加え、新進の俳優を起用して独自の物語を構築しているが、大黒座が閉館したのは本当の話である。
この作品には近年閉館が相次ぐ映画館への愛惜が詰まっている。

この映画の批評を読む »

ヴィジット - 青森 学

ホームドラマもちょっと設定を変えれば立派なスリラーになるという見本(点数 80点)


(C)Universal Pictures.

疎遠だった祖父母と一時でも暮らす居心地の悪さをスリラーの視点で読み解いたもの。

多くの人が感ずるであろう長く疎遠になっていた肉親と出会った時のあの気まずさをシャマラン監督はスリラーとして上手くまとめている。

この映画の批評を読む »

レッドカーペット - 小泉浩子

やっぱり夢を追いかけたくなる!(点数 85点) 


(C)2014 Noori Pictures, All Rights Reserved

夢は叶えるためにあります。

基本は、そう信じたいのだけれど、ちょっと疑ってしまうのが大人というもの。
完全には、疑いたくないかも。
そんな方にオススメの作品です。

この映画の批評を読む »

アントマン - 青森 学

身長0.5寸でも等身大のヒーロー誕生?!(点数 85点)


(C)Marvel 2015

特殊なスーツを着用することによって身長1.5cmのアントマンに変身するヒーローなのだが、この主人公、今までのマーベル作品で見てきた超人的なヒーローとは違いどれもが普通っぽい。
窃盗を働いて服役した主人公は元妻に愛想を尽かされて離縁され、今は愛娘に面会することだけを楽しみにする主人公は哀れだ。
社会不適応気味の主人公だが、今まで服役していた理由はブラック企業の鼻をあかすために盗みに入って投獄されるのだけれど、その動機は”弱きを助け強きを挫く”マインドを持った現代の”ロビン・フッド”である。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (18)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.