映画ジャッジ! 映画批評家のご紹介

心映画批評 通映画批評
感映画批評 愛映画批評
狂映画批評 学映画批評
淑映画批評 名映画批評


カフェ・ド・フロール - 小泉浩子

ジョニデの元妻・ヴァネッサの演技に涙っ!(点数 90点)


(C)2011 Productions Cafe de Flore inc. / Monkey Pack Films

タイトルを見て、カフェでのお話だと思っていました。カフェで出会うカップルの甘い恋物語かしら? それとも、波瀾万丈の群像劇?

ええっと、どれも違っていました。

これは、マシュー・ハーバートの名曲のタイトルでヴァレ監督のお気に入りだとか。

この曲が、ふたつの異なる時代と場所の登場人物たちを結びつけています。

この映画の批評を読む »

アメリカン・スナイパー - 樺沢 紫苑

PTSDと自衛隊派遣の意外な関係(点数 80点)


(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

アメリカでは興行収入が3億ドルを超えて、
戦争映画として史上ナンバーワンの大ヒット。

日本の興行収入ランキングでも、
2週連続第1位と大ヒットしています。

イラク戦争の帰還兵の心の問題、
PTSD(外傷後ストレス障害)を描いているとなると、
精神科医の私としては、見ないわけにはいきません。

この映画の批評を読む »

リトル・フォレスト 冬/春 - 小泉浩子

自然の恵みに食欲全開!? 橋本愛から目が離せないっ!(点数 95点)


(C) リトル・フォレスト製作委員会

橋本愛がとにかく食べます。

食べて、食べて、食べまくります。

もちろん大食いの話ではありませんよ。

都会に出たけれど、自分の居場所を見つけられずに、東北地方のとある村・小森に戻ってきたいち子(橋本愛)。

ここでの暮らしは自給自足で、畑仕事をしたり、野や山でとれた季節のものを材料にして食事を作り、毎日を過ごしています。

自然に囲まれた生活の中で、いち子の傷ついた心は少しずつ、癒やされていきます。
ところが、五年前に家出した母(桐島かれん)から、手紙が来て……。

この映画の批評を読む »

イントゥ・ザ・ウッズ - 青森 学

アメリカで強迫的に信じられる自己啓発(Self Development)が根底にある話し(点数 82点)


(C)2015 Disney Enterprises, INC. All Rights Reserved.

宣伝では“Happily ever after”のその後の話ということでパブリシティ活動を行ってはいるが、この作品はおとぎ話を語っているようで、しっかり現代アメリカの神話をブレンドしている。

この映画の批評を読む »

博士と彼女のセオリー - 青森 学

ホーキング博士を支える人達にも光を当てた作品。(点数 82点)


(C)UNIVERSAL PICTURES

おしどり夫婦の話しかと思いきや、どうもそういう話だけでも無い。

神を信じる者が神を否定しようとする者を支えるというジレンマが緊張感を生み、ドラマが生まれている。

この映画の批評を読む »

スパイ・レジェンド - 小泉浩子

ピアース・ブロスナンのキレキレのアクションにクラクラ?  (点数 90点)


(C)2014 No Spies, LLC. All Rights Reserved

しみじみ考えるに、スパイ映画って多いですよね。
ボンドシリーズをはじめとして、ジェイソン・ボーンにジャック・ライアン。

そんなドキドキのスパイアクションが、また一つ誕生しちゃいました。

かつて伝説と評されていた元CIAエージェントのデヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、引退し、スイスで静かに暮らしていました。

かつての同僚たちが次々と殺されていることを知り、助けに向かいますが、同僚であり愛していた女性を目前で殺されてしまいます。

しかも、その犯人は、彼が自ら育てあげた現役最強のスパイ・メイソン(ルーク・ブレイシー)で……。

この映画の批評を読む »

トゥーマスト〜ギターとカラシニコフの狭間で〜 - 青森 学

サハラ砂漠の遊牧民族トゥアレグ族の自由を求める国境を跨いだ闘争を描いたドキュメンタリー。(点数 76点)

このドキュメンタリーの中心人物ムーサは、以前はカダフィ政権の下レジスタンスの訓練を受けていたが、今は銃を捨てギターを手にし、音楽によってトゥアレグ族の自由を獲得するためバンドを結成しフランスで活動している。

そのバンド名はトゥーマスト。
トゥアレグ族の言葉で”アイデンティティー”を意味する。
彼らはサハラ砂漠に分散するトゥアレグ族を糾合し再び民族の誇りを取り戻そうと活動している。
未だレジスタンスとして活動するトゥアレグ族の男性もいるが、ムーサのように音楽で闘う者も現れている。
トゥアレグ族の音楽はジャンルで言うとトランスなのだが、トゥーマストの音楽は一部トランスのスピリッツを加えながら聴きやすいメロディアスな音楽になっている。
トゥーマストの曲は自由を追い求める彼らの叫びがメロディに乗って人の心を貫くのである。

この映画の批評を読む »

100歳の華麗なる冒険語 - 小泉浩子

こんな100歳に会ってみたい!(点数 90点)  


(C)NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

あなたは、100歳のお誕生日を迎えました。

「おめでとう!」。

大きな誕生日ケーキが登場します。

でも、その上に、100本のろうそくが乱立していたら、どんな気持ちになるでしょうか?

老人ホームに入所しているアラン(ロバート・グスタフソン)は、100歳の誕生パーティ当日、「お祝いなんて冗談じゃないっ」とホームから抜け出してしまいます。

職員たちはケーキに100本のろうそくを立てようと苦労しているので、簡単に脱走できてしまったのです。

ちょっとした偶然から、大金の入ったスーツケースを取ったため、ギャングや警察から追われる身となってしまいますが……。

この映画の批評を読む »

きっと、星のせいじゃない。 - 青森 学

絶望的な状況なのに希望があるという難しいテーマを上手く扱った佳作(点数 87点)


©2014 TWENTIETH CENTURY FOX

不治の病に冒されたヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)とオーガスタス(アンセル・エルゴート)の若い一組のカップルが残された時間を懸命に生きていくというお話しではあるのだが、 ティーンエイジャー向けの作品だからと言って死生観が幼いと言う訳ではない。
死と向き合う事は年齢の長幼に拘らず、当事者に深い省察をもたらす。
二人はヘイゼルが尊敬する作家に会う為にアムステルダムへ旅立つがそこで訪れるアンネ・フランクの生家で彼女の絶望の中に居ても希望を失わなかった人生に、二人はまた生きることの意味に近づくのである。

この映画の批評を読む »

ベイマックス - 青森 学

人間をケアすることを使命とするロボットの健気さが涙を誘う。(点数 93点)


(C)2014 Disney. All Rights Reserved.

物語の舞台はサンフランソウキョウというサンフランシスコと東京が融合したような街で未来か別次元の世界かは定かではないが、現実の世界より少し科学技術が進歩している。
主人公はヒロという名の14歳の天才少年。
日本の敗戦時、マッカーサーが日本人の精神を14歳の少年に喩えていたが、頭が良く勝ち気でナイーヴでちょっと思慮が足りないのはアメリカ人が今でも抱く日本人のイメージなのかも知れない。
ラセターはこの事を踏まえて主人公を14歳の少年に設定したのだろうか?

この映画の批評を読む »

ザ・テノール 真実の物語 - 小泉浩子

本当の奇跡に涙してしまう!(点数 90点) 


(C)2014 BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL RIGHTS RESERVED.

繊細で力強いたぐいまれな歌声(リリコ・スピント)をもつオペラ歌手・ベー・チェチョルは、ヨーロッパで活躍していました。

妻と一人息子にかこまれ、幸せな日々をおくっていた彼は、甲状腺がんを患ってしまいます。しかも、手術中に声帯の片方の神経が切れてしまい、歌うことができなくなって……。

この映画の批評を読む »

ドラキュラZERO - 青森 学

善と悪の間で心を引き裂かれるドラキュラは、混迷の時代に生きる我々にとって心を動かされずにはいられない(点数 87点)


(C)Universal Pictures

ドラキュラとオスマントルコの皇帝が会席する際、皇帝が貢ぎ物として千人の少年を差し出すようドラキュラに命じるが、ドラキュラはそれを拒む。
その時の「一緒にコーヒーを飲んだ仲ではないか」という台詞は、コーランでは依存性のある薬物は禁止されていたが当代のカリフがコーヒー好きだったため、コーヒーは禁止項目から除外されていた。
イスラム圏ではコーヒーは「アラブ人のワイン」の異名がある。
イスラム教国の人にとってコーヒーはアルコールの代替物なのだ。

この映画の批評を読む »

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 - 中野 豊

魅せられて、プリンセス・アクトレス♪ (点数 80点)


(C) 2014 STONE ANGELS SAS

アメリカ映画絶頂期に(1950年代)SEXシンボルと言われたマリリン・モンローの対極に位置していた生粋のアメリカン・ビューティ=グレース・ケリーは1928年にペンシルヴァニア生まれ。
父はアイルランド系の建築業者で市長選にも出たこともある名士で、母はドイツ系美形のモデル出身。
グレースは4人兄妹の3女で姉妹の中では最も美しかったのですが、学業は中位で性格はやや勝気でした。
上流階級出のグレースは父の猛反対を押し切って女優になるためにニューヨークのアメリカ演劇アカデミーにバイトをしながら通ったのでした。

この映画の批評を読む »

LAST LOVE/愛人 - 中野 豊

懸命に生きる女と落ちぶれてしまったギタリストの恋(点数 60点)


©レジェンド・ピクチャーズ

ラブストーリーは大きなジャンルです。
ロマンスを映画の主軸に置いても戦争、事件を背景とした作品も多く、他ジャンル映画のミュージカル、ホラー、SF映画などにも「ラブロマンス」を絡めた作品はたくさんあります。
更に、悲劇、喜劇、三角関係、不倫、同性愛など様々な状況・視点もありますので、どの作品が優れているとは言い難いのですが、今回は、夢を捨てた世捨て人風情の男と現代病ともいえる双極性障害の二人にフォーカスしたオフビートな一篇です。

この映画の批評を読む »

フランキー&アリス - 小泉浩子

ハル・ベリーの演技から目が離せないっ!(点数 85点) 


(C)2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved.

1973年。自分が買った覚えのない服や、記憶にない時間があり、ストリッパーのフランキーは、悩んでいました。さらに身に覚えのない傷害事件で逮捕されてしまいます。

警察か、精神病院での治療かという選択肢の中で、彼女は、サイコセラピストのオズを選びます。

医者と言うよりは、研究者の彼は、彼女の中に人種差別主義者の「アリス」を見つけますが……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】 人材獲得インフォメーション 便利な人事管理ツール  介護時間  応募書類が通過するコツ 転職のための履歴書マスター  ADSLの世界 イクメンデビュー 教えて!インプラント 

 

Links:game newswildstar newswildstar blogwildstar newswildstar guidebuy wildstar guidewildstar guidebuy wildstar guidebuy wildstar guidewildstar guidewildstar guidewow game newswildstar guidewow newswildstar guidegame blogwow game bloggame news blognike tn pas chergame blogwildstar blogwow blogmmo game tipsbuy wildstar guidesgame newszentai costumes guideswildstar guideswow guideswildstar gold guidegame blogwow news and guideswildstar guidewildstar gold guidebuy wildstar guides